料理研究家と料理人の違い

料理が大好きで「料理に携わる仕事がしたい!」という人にとって、「料理人」や「料理研究家」というのは憧れの職業でしょう。

おいしい料理を研究するという点では共通していますが、このふたつの職業には大きな違いがあります。ここではこの違いについて詳しく説明します。

料理との関わり方の違い

おいしい料理を作るスペシャリストである料理人と、料理について研究するスペシャリストである料理研究家。

料理を愛し、料理の仕事に携わりたいという情熱を持って仕事をしているという点ではどちらも同じです。

料理のおいしさや見た目の美しさ、栄養価の高さなどを追及しながら、さまざまな食材を組み合わせて調理し、自分だけのレシピを開発していくという点も同じといえるでしょう。

しかし、おいしいレシピを作り上げた後の仕事のプロセスには大きな違いがあります。

料理人の場合は実際に料理を自分の手で作ってお客さんに食べてもらうことを仕事の大きな目的としていますが、料理研究家の場合はレシピ自体を公開して多くの人に作り方を教えるというところに重点を置いています。

さらにこのことに関連して、料理人の場合は飲食店に勤務していたり自分の店を持っていたりするのが一般的ですが、料理研究家の場合は料理教室を開いていたり料理本を執筆していたりすることが多いという違いもあります。

やや極端な言い方をすれば、料理人は料理を作るのが主な仕事で、料理研究家は料理の作り方を研究して教えるのが主な仕事なのです。

料理研究家が教える相手としては一般人だけではなくプロの調理師や食品メーカーの社員、農家の人たちなども含まれており、食材の販売促進のために仕事をする機会も多くなります。

料理研究家と料理人の兼任

このように料理人と料理研究家の仕事内容には違いがありますが、料理研究家という肩書を名乗る上で厳密な定義があるわけではありません。

料理人として第一線で活躍しながらテレビ番組の料理コーナーで先生役を務めている人も多く、このような人の場合は料理人と料理研究家を兼任している状態ともいえます。

最近ではとくに、有名な料亭や高級レストランの料理人がメディアに登場してオリジナルのレシピを公開することが多く、主婦の間でも絶大な支持を集めています。

料理人が料理研究家として活動することは、自分の飲食店の名を広めるためのチャンスになるので、積極的にメディアに出ている料理人もいるのです。