料理研究家の活躍の場

料理教室での先生

料理研究家は、さまざまな場所で活躍しています。

まず、多くの人にとって身近なのは、料理教室でしょう。

市民センターなどの公の施設で教室を開いていることもあれば、個人の料理スタジオを持っていることもありますし、自宅のキッチンを開放して生徒を教えていることもあります。

主婦や独身の女性を対象に家庭料理を教えていることが多いのですが、最近は定年退職後の男性をターゲットにした料理初心者の男性向けの料理教室も人気のようです。

料理教室は自分の都合の良い日時に教えることができる上に自宅で教室を開くこともできるので、家事や育児と仕事を両立している料理研究家にとって最も活躍しやすい場となっているといっても過言ではないでしょう。

テレビ番組や雑誌で活躍

料理研究家の華々しい活躍の場としては、テレビの料理番組や新聞・雑誌の料理レシピコーナーがあります。

企画の段階からディレクターや編集者と一緒に打ち合わせをすることが多く、季節や予算を考えながらオリジナルのレシピを作り出すだけでなく、撮影時の手順を考えたり盛り付けやテーブルコーディネートを考えたりと料理に関係する全般的な作業を請け負うことになります。

このようなメディアに登場すると一気に知名度があがるので、料理教室の生徒が増えたり、オリジナルのレシピを掲載した料理本の出版につながったりすることが多いようです。

最近は料理本以外にも、動画サイトで作り方を教えたり、ブログなどのHPでレシピを公開したりする機会が増えていて、情報発信の形が広がっています。

こうした活動以外に、一部の料理研究家は、テレビドラマのなかで料理が出てくるシーンの監修をしていることもあります。

食品メーカーや農家のために

料理研究家は表から見えないところでも活躍しています。

たとえば、食品メーカーが新商品を作るときや、農家が売り出したい食材の新しいレシピを募集したりするときに、料理研究家に依頼をすることがあります。

いわゆる販売促進のためのアイディアを求められるのです。食材に関する豊富な知識や料理のスキルを駆使して、画期的な提案をすることが期待されています。

こうした依頼は民間の企業からにとどまらず、市町村が観光客向けに新たなグルメや特産品を作り出したいときにも声がかかることがあります。

料理研究家はさまざまな形で社会に貢献しているといえます。