料理研究家になるための学校・スクール

調理について学べる専門学校

料理研究家というのは、調理師や栄養士のように資格や免許を必要とする職業ではありません。

そのため、必ず行かなければいかない学校やスクールというのはありませんが、料理について学ぶことができる学校に通って勉強をすることを選択する人もいます。

ここでは、どのような学校に通うケースがあるのかをご紹介します。

まず、調理を学ぶ学校の王道とも言えるのが、調理師専門学校です。

調理科学や栄養学などの座学はもちろんのこと包丁を握って行う調理実習まで幅広い授業を受けることができ、卒業する際に調理師の免許を取得することができます。

履修期間は、基本的には一年で卒業する人が多いようです。

調理に関する基本的な知識や技術を身につけることができますし、調理師の免許があれば飲食店で働けるようになるので、将来の選択肢を増やす意味でも大きなメリットがあるといえるでしょう。

調理師の仕事

栄養について学べる学校

また、栄養士の専門学校や大学に行く人もいます。

調理の基礎や食材ひとつひとつにどのような栄養価があるのかを学び、栄養価を計算しながらレシピを作るプロフェッショナルをめざします。

栄養士の場合は、上級資格に位置づけられる「管理栄養士」の免許もあり、管理栄養士の試験は難関試験といわれています。

そのぶん、この免許を取得していると、病院や介護施設、レストランや食品メーカーなど、さまざまな就職の可能性があります。

料理研究家として活躍する際も、「ダイエットに効果的なヘルシーレシピ」「糖尿病の人のための減塩レシピ」など、栄養の知識をいかしたアプローチができるので、役に立てることができるでしょう。

栄養士の仕事
管理栄養士の仕事

フード関係の資格を取得できるスクール

この他にも、民間の資格取得のためのスクールのなかに、フード関係の講座を設けているところがあります。

食の知識を総合的に身につけていることを証明する資格である「フードコーディネーター」や「フードアナリスト」の資格をめざすスクールや、「野菜ソムリエ」「和食マイスター」のような専門分野の知識を強化するための資格を取得するスクールです。

フードコーディネーターの仕事
野菜ソムリエの仕事

このようなスクールは専門学校ほど長期的に学習をするわけではなく、平均的には数ヶ月かけてテキストや講習を受けながら資格試験のための知識を身につけることになります。

国家資格というわけではないので、この資格を取得していなければ就けない職業があるというわけではありませんが、料理研究家としての知識をアピールする上では役に立てることができるものです。

「野菜ソムリエ」の資格をいかして「野菜をおいしく食べるレシピ」の本を出版したり、「和食マイスター」の資格をいかして「誰でもできる和食のコツ」を伝授する料理教室を開いたり…と可能性が広がります。