旅行代理店社員のやりがい、魅力

お客さまの旅を一緒に作っていく喜び

旅行代理店での代表的な業務内容は、カウンターでの接客です。

この仕事では、お客さまと直接コミュニケーションをとって手配や予約を進めていきますが、お客さまの要望はまちまちです。すでに、申し込みたいツアーがハッキリと決まっている人もいれば、だいたいの内容だけは決まっており、細かいところは相談しながら考えたいという方もいます。

お客さまが旅に何を求めているのか、どのような過ごし方をしたいのか、といったことにまで踏み込んでいく機会も多く、接客をする社員は、お客さまの旅を一緒に作り上げていくことになります。

どのお客さまも、旅行については大きな期待を寄せており、素晴らしいものにしたいと考えています。そこで、社員が専門知識を生かしながら力を添えることによって、最高のプランを作り上げることができたときには、お客さまも笑顔になってくださいますし、かけてもらう「ありがとう」の声が何よりの喜びになります。

ツアーを企画する醍醐味

もうひとつ、旅行代理店に勤務する人の多くが「やりたい」と思っている業務のひとつが、ツアープランニングです。

旅行代理店社員は、そのほぼ全員が「旅行が大好き」という思いを持っています。誰かが作った商品の魅力をお客さまに伝え、販売することもワクワクしますが、自分自身で企画ができるようになれば、また新しい仕事の楽しさを味わうことができます。

ツアープランニングは、観光地に関する知識はもちろん、交通機関や宿泊機関との交渉や調整なども絡んでくるため、簡単にはできない仕事です。

しかし、自分が考えたプランが形になり、それをお客さまに楽しんでもらうということは、ものすごく大きなやりがいとなります。

旅のプロフェッショナルを目指せる

お客さまの要望は多岐にわたるため、1年や2年で仕事を完璧にこなせるベテランになることは不可能だといえます。

この仕事で最も成長できると感じられるのは、お客さまからの難しいリクエストや、それまでに出会ったことのないケースに遭遇したときです。わからないことはすぐに調べ、記憶に定着させます。

こういったことを繰り返すうちに、知識がどんどん自分の中に蓄積されていき、お客さまからの要望にもスムーズに応えられるようになります。

覚えなくてはならないことが多い仕事だからこそ大変と思うこともありますが、仕事に前向きに取り組んでいれば必ず自分の成長が感じられ、少しずつ「旅のプロフェッショナル」に近づいていくことができます。