旅行代理店社員の仕事、業務内容

旅行代理店とは何か

旅行代理店とは、旅行業者が企画した旅行商品(パッケージツアーなど)を仲介して販売したり、自社で企画・手配をする会社のことをいいます。

旅行商品(パッケージツアー)というと難しく聞こえるかもしれませんが、「宿泊や交通、観光などを組み合わせたプランのこと」といえば、イメージがつく人も多いことでしょう。

旅行業法上では、旅行業の会社は登録の種類に応じて以下の3区分に分けられます。

・第1種旅行業者:国土交通大臣登録の下、国内・海外のパッケージツアーおよび手配の取扱が可能。
・第2種旅行業者:都道府県知事登録の下、国内のみのパッケージツアーおよび手配の取扱が可能。
・第3種旅行業者:他社商品の受託販売、手配の取扱が可能。

この3種類のほか、「旅行業者代理業」というものがあります。

こちらは、上記のいずれかの旅行会社と委託契約を結び、その旅行会社の業務範囲に基づく商品を販売する会社のことをいいます。これが、一般的には「旅行代理店」といわれることが多くなっています。

しかし、旅行業者と旅行業者代理業の区別については、旅行業法では明確になっているものの、世の中では曖昧に使われていることも多いです。

したがって、旅行代理店のことを「旅行会社」と表記していることもよくあります。

その場合、旅行代理店となっていても、先に挙げた旅行業の第1種~第3種のいずれかの事業を営み、自社で企画したツアーを販売します。

重要な場面ではよく確認するようにしてください。

旅行代理店の業務内容

旅行代理店が行うおもな業務内容は、以下の通りです。

・新幹線、航空機、バス、フェリーといった交通機関の乗車券、航空券、乗船券などの予約、手配、販売
・ホテル、旅行など宿泊施設の予約、手配、販売
・パッケージツアーの企画、販売、催行
・ビザ、ESTAの申請代行
・旅行傷害保険加入の手続き
・旅行情報の収集、提供
・旅行券の販売

など。

旅行代理店での仕事

旅行代理店では、おもに「カウンターセールス」という仕事を行います。

パッケージツアーなどの申し込みで旅行代理店へ訪れると、店内にはカウンターがあり、そこでスタッフに旅行の相談や、申込みなどを行うことができます。

旅行代理店の立場から見たとき、このように店舗で販売を行うことをカウンターセールスといいます。

パッケージツアーだけでも多種多様な商品があるため、この仕事では、お客さまの要望を的確にヒアリングしながら、適切なご案内をすることが大切です。

また、パッケージツアーを利用せず、ホテルや航空機を個別で手配したいといったニーズも増えているため、予約ひとつをとっても、マニュアル通りの単純作業ではいかなくなっています。旅行業に関する幅広い知識と同時に、お客さまと一緒に旅を作っていく気持ちが求められます。

このほか、旅行代理店によっては「企画・マーケティング」「添乗」「法人営業」などの職種で活躍している人がいます。また、経理や総務といった、一般的な企業と同様の職種に就いている人もいます。