旅行代理店社員への転職、中途採用

中途採用の求人も多い

旅行代理店への転職は、そう難しいものではありません。

新卒採用の場合、旅行代理店は就職先としてものすごい人気があり、とくに大手企業は倍率がとても高くなりがちです。つまり、新卒で旅行代理店へ入社するのは、ハードルが高いといえます。

しかしながら、せっかく入社したのち、比較的早い段階で仕事を辞めてしまう人も少なくないようです。昔から、旅行代理店における離職率は比較的高いといわれており、人がいなくなる分だけ、新たに中途採用の求人も出されることになります。

仕事を辞めてしまう人の理由はさまざまですが、そのひとつに、どうしても「旅行=楽しそう」という憧れのイメージばかりが先行し、いざ壁にぶつかったときにそれを超えられないということがあるようです。

また、旅行代理店は女性だらけの職場もあり、人間関係がうまくいかずに辞めてしまう人もいます。

もちろん、一つの職場で長く働き続ける人もいますが、新たに旅行代理店への転職を考える人にとってもチャンスは存分にあるといえるでしょう。

求められるスキルなど

旅行代理店への転職をする場合、「営業」「カウンター」「企画」「添乗」といったように、職種別で求人が出されていることが多いようです。

どの職種を志望するのかによっても、求められるスキルなどは異なります。営業であれば、業界問わず営業経験、カウンターであれば英語力がプラスに評価されることがあります。添乗の場合は、「旅程管理主任者」の有資格者は有利になるでしょう。

また、いずれも業界経験者であれば優遇されやすいですが、未経験者を採用する企業もゼロではありません。

経験者、未経験者問わず、入社後に社内研修や勉強会が用意されているところもあります。旅行代理店は大小さまざまな会社がありますが、できるだけ教育がしっかりしている職場を選ぶほうが、安心して仕事に取り組むことができるでしょう。