旅行代理店社員に特有の職種

旅行代理店では、さまざまな職種の人が活躍していますが、ここでは「旅行代理店ならでは」といえる職種について紹介します。

ツアーコンダクター

「添乗員」ともいわれる職種です。

パッケージツアーや団体旅行に同行して、あらかじめ作成しておいた旅程を管理しながら、旅先ではお客さまが旅を楽しんでいただけるように観光案内をしたり、入国・出国手続きの説明や交通情報の情報収集などを行ったりします。

お客さまにとって、旅先で頼れる存在となるのがツアーコンダクター。観光情報などに関する幅広い知識と、状況判断力、臨機応変さ、おもてなしの心など、多様なスキルが求められます。

一人で添乗業務をするためには「旅程管理主任者」の資格が必要となります。

カウンターセールス

旅行代理店の店舗で、お客さまをお迎えする仕事です。

カウンターで対面サービスを提供し、お客さまの旅行先や日程などの要望を聞きながら、ツアーを提案したり、宿泊や交通などの手配を行ったりします。

お客さまによって旅のニーズはさまざま。相手の要望を即座に掴み取りながら、最高に満足いただける旅のプランを作り上げていきます。

カウンターセールスは、基本的に外に出ることがなくオフィスワークとなりますが、お客さまと直に接する機会がとても多いため、「ありがとう」の声や笑顔をやりがいにすることができます。

ツアープランナー

その名の通り、ツアーをプランニング(計画)する仕事です。国内外のパッケージツアーを1から企画したり、お客さまの要望に合わせた旅行を企画したりします。

今、世の中で何が求められれているのか、お客さまはどのようなツアーに参加したいと思っているのかなど、マーケティングを行い、費用面や日程なども考慮してプランを練っていきます。

自ら企画したツアーが実際に商品化され、それにたくさんのお客さまが参加していただける。その瞬間の喜びと感動はとても大きなものとなります。