旅行代理店社員として働くには(大学・学歴・学部など)

旅行代理店社員になるためのルート

旅行代理店社員として働くには、旅行代理店の求人募集を見つけて、応募するところからスタートします。

ひとくちに旅行代理店といっても、誰もが名前を知っているような大手から中小まで規模はまちまちであり、国内・海外両方の旅行を扱う会社もあれば、国内専門で営業している会社もあります。

当然、会社ごとに求める人材の特徴やスキルなどは異なってきますが、大手の場合、正社員として働くのであれば「大卒以上」の学歴が求められることが多いです。

学部・学科についてはほとんど問われませんが、少しでもこの仕事に関連することを学んでおきたいのであれば、観光学を専攻できる「観光学部」を選ぶとよいでしょう。

そのほか、「社会学部」「商学部」「人間文化学部」といった名称の学部でも、観光学が学べることがあります。

入社時点での資格はめったに必要とされませんが、「総合旅行業務取扱管理者」の有資格者は優遇されることがあります。また、同資格は入社後の取得を求められることもあります。

このほか、「短大卒」や「専門学校卒」の人を正社員として採用する旅行代理店も少なくありません。この場合、給与面では大卒と差がつけられていることも多いです。

転職で旅行代理店に就職するには

旅行代理店の求人は大手の場合には新卒が中心ですが、中小企業であれば中途の募集を出しているところも少なくありません。

ただし、業界未経験の場合、正社員としての転職はかなり厳しいものがあるようです。旅行業界はそもそも人気が高く、とりわけ条件のいい求人にはたくさんの志望者が集まります。

とはいえ、契約社員やアルバイトからスタートということであれば、転職できる可能性は高まります。

実務経験を積むことで、それをアピール材料にしてより良い待遇の職場へ転職もしやすくなります。

アルバイトや派遣として働くことも可能

旅行代理店では、アルバイトや派遣社員として働いているスタッフも多くいます。

アルバイトの募集は、すでに学校を卒業している人を対象とするものもあれば、学生を対象としていることもあります。

また、大手旅行代理店のカウンターセールスの仕事は、派遣社員が務めていることもよくあります。ただし、派遣の場合は即戦力になれる人が求められる傾向が強いため、まったくの未経験で採用されることはハードルが高いかもしれません。