旅行代理店社員の勤務・労働時間・休日・残業

勤務時間

旅行代理店での勤務時間は会社によって異なるものの、スタッフは基本的に店舗の営業時間に沿って働くことになります。

だいたい10時頃に開店し、19時あるいは20時くらいに閉店する店舗が多いようですが、都市部ではもっと遅くまで営業しているところもあります。

スタッフは開店の30分から1時間前には出社し、開店準備業務を行って、開店と同時にお客さまをお迎えできるようにします。閉店後も、掃除や片付けなどで30分から1時間程度仕事をしてからの退社となるように、勤務時間が設定されていることが一般的です。

労働時間は1日実働8時間程度となっていますが、正社員の場合、定時でピッタリと上がれることはあまり多くないようです。

休日

旅行代理店におけるカウンター業務の場合、週末は最も忙しい曜日となります。そのため、土日に休むことはとても難しいのが事実です。

年中無休で営業する店舗に勤務する場合、たいていはシフト勤務となっており、休日の曜日は週や月によって異なります。

その場合、連休がとれないケースも珍しくないようです。とくにゴールデンウィークや年末年始前の繁忙期となれば、休日返上でスタッフたちが出勤し、閑散期に振替休日を取得することもあります。

なお、定休日が設定されている店舗も一部あり、その場合には固定の曜日で休みをとることができます。

残業

旅行代理店の残業時間は多めといわれています。

もちろん、忙しさは店舗によって異なりますが、お客さまの数が多いところでは月に50時間を超え、繁忙期になると100時間近くになることもあるようです。

さらに、サービス残業が多い職場もあるといわれています。お客さま相手の仕事になるため、残業はある程度覚悟しておいたほうがよいといえそうですが、あまりにハードな環境では長く仕事を続けるのが難しくなるかもしれません。

残業の状況については、就職前に確認しておいたほうがよいでしょう。