旅行代理店社員は激務?

業務量は多くなりがち

旅行代理店をはじめ、旅行業界の仕事は、昔から学生や若者たちに高い人気を誇っています。

旅行好きな人は多く、「毎日、旅のことを考えながら楽しく働けそう!」「観光地に詳しくなれそう!」といった憧れや、華やかなイメージを持つ人も多いことでしょう。

しかし、実際に旅行代理店の現場を観てみると、思っている以上に仕事がハードで、かつ地味な業務もたくさんあります。

というのも、基本的に旅行代理店での仕事は、お客さまに旅行商品を販売することです。会社によっては企画や添乗の仕事もありますが、中心となるのは来店されたお客さまに対して、ニーズに合う商品を提案するカウンターセールス。

調べ物をしながら宿泊や交通の手配・予約をするといったコツコツとした作業が多く、機械化できない部分もたくさんあるため、どうしても手間と時間がかかってしまうことは否めません。

とくにお客さまの数が多い大都市の店舗では、休む間もなく次々と多様なニーズを抱えたお客さまが来店されます。

繁忙期には営業時間中ほとんど休憩をとる暇もなく働かなくてはならず、閉店後も残務処理に追われるといった毎日を過ごすことになりやすいといわれています。

クレーム対応に追われることも

旅行代理店の仕事では、精神的なストレスも大きくなりがちです。

「人相手」の仕事であることから、出会いがたくさんあったり、お客さまに「ありがとう」と笑顔になってもらえるなど大きな喜びを実感できる反面、ときにクレームを受けるなどつらい思いをすることもあります。

自分では頑張っているつもりでも、お客さまに満足いただけなかったり、場合によっては理不尽なことを言われてしまったりすることもあるかもしれません。

接客やサービスの仕事にクレームは付き物ですが、いつでもお客さまのために行動することが求められます。単純に労働時間の長さではなく、こうした人との関わり方の難しさ、奥深さに対してハードだと感じる人もいるようです。