労働基準監督官の資格

安定した待遇とやりがいの多さが魅力の国家公務員

労働基準監督官は、人事院・厚生労働省の実施する労働基準監督官採用試験に合格した人の中から選ばれる国家公務員です。

労働基準監督官に任官されると、「ILO条約などの労働基準監督制度の趣旨に従い、労働基準法により労働基準監督官分限審議会の同意がない限り罷免されない」とされているため、安定している職業といえます。

また国家公務員は、国の抱える課題に対して取り組む役割を担うため、社会全体に影響を与える重要な仕事を行っているというやりがいを感じられることも多いでしょう。

採用試験には法学系、工学系学部の知識が有利

労働基準監督官採用試験の受験資格は、受験年度の4月1日の時点の年齢が21歳以上30歳未満の者。あるいは受験年度の4月1日の時点の年齢が21歳未満の者で、大学卒業者(卒業予定者)または、人事院がそれと同等の資格があると認める者となっています。

このように試験の受験資格としては、年齢と大学卒業程度の学力が条件となっていますがその他は特に制限がないため、一度社会人を経験した人や高校卒業資格しかない人でも挑戦できる資格といえます。

一方で、労働基準監督官採用試験の1次試験(筆記試験)では、公務員として必要な知識を問う共通問題の他、法律の知識などを問われる法文系の労働基準監督Aと工学系の基礎知識などを問う労働基準監督Bに区分されます。

そのため、法学系や理工学部系で、常日頃から法律や理工学について学び、基礎知識を身につけていれば、試験勉強に対しては有利といえるでしょう。

一方で、試験の難易度は高いため、いずれにしろ試験勉強が必要となることに変わりありません。

さまざまな職場で働いた経験

労働基準監督官採用試験では、2次試験として面接試験があります。面接試験では、どうして労働基準監督官を目指すのかといった「志望動機」がポイントとなります。

一般の面接試験でも同様ですが、「○○の経験から、労働基準監督官を目指したいと思った」というように、自分の経験に基づいて志望動機を述べられる方が、より説得力があります。

そのため、社会人経験や、アルバイトなどを通してさまざまな職場を経験して、その際の労働問題なども整理しておくことも、有用となるでしょう。

社会保険労務士の資格

社会保険労務士とは、社会保険労務士試験に合格することで得られる国家資格です。

主な業務は、労働関連法令や社会保障法令に関する書類作成代行や人事や労務関係のコンサルティング、年金相談などがあげられます。

社会保険労務士の仕事

労働基準監督官と社会保険労務士は、一般的に労働者側と事業主側といったライバル関係といわれますが、労働関連法令に扱う専門家であるという点は共通しており、業務上でも関わりがあるでしょう。

社会保険労務士の資格を習得できれば、キャリアアップにつながるかもしれません。