労働基準監督官になるには

労働基準監督官採用試験に合格する

労働基準監督官は国家公務員であり、「労働基準監督官採用試験」に合格する必要があります。

労働基準監督官採用試験の概要

試験は一次試験と二次試験に分けられ、一次試験は公務員として必要となる基礎知識を問う基礎能力試験の他、労働基準監督A(法文系)、労働基準監督B(理工系)の2区分に分けられ、それぞれ専門試験が課されます。

一次試験を合格すると、二次試験として人物試験と身体検査が行われます。

試験には法文系、理工系の2種類がありますので、幅広い分野からチャレンジできる資格ともいえるでしょう。

一方で、公務員試験では法律分野の知識を問う問題が多く出されるため、法学部生などはより有利と考えられます。

また、労働基準監督官の試験においては、やはり業務上関係する労働基準法、労働安全衛生法が関係することからも、労働問題をテーマとするゼミで学ぶことはメリットがあるといえるでしょう。

労働基準監督官の受験資格

労働基準監督官採用試験の受験資格は、以下となります。

1.受験年度の4月1日の時点の年齢が21歳以上30歳未満の者
2.受験年度の4月1日の時点の年齢が21歳未満の者で、次に掲げる者
(1)大学を卒業した者および受験年度の3月までに卒業する見込みのある者
(2)人事院が(1)と同等の資格があると認める者

受験資格には学部などの制限はありません。

労働基準監督官の職場

労働基準監督官になると、労働局、労働基準監督局の2か所に勤務することになります。勤務地は全国各地にあり、原則として数年ごとに転勤が命じられます。

労働基準監督官の業務では、労働者と事業者との間で起こる労使関係の紛争を扱い、解決にむけて取り組みます。

そのため、紛争の当事者の双方の言い分を聞き、冷静に判断する能力が必要とされます。また、強い責任感をもって、合理的に物事を進める姿勢も必要となるでしょう。

女性の活躍が期待される職場

労働基準監督官の男女の割合をみると、やはり男性が多くなっています。

一方で、最近では女性の労働基準監督官も増えてきています。たとえば女性の労働者の場合、対応する職員が女性のほうが安心して相談できるというケースも多く、今後も女性の活躍が期待されています。

労働基準監督官に求められるもの

正義感の強さ

労働基準監督官は、事業者が法律に定められる基準を遵守し、適正な労働環境の運営を行っているかどうかをチェックします。

また労働基準監督官は、労働者からの訴えに対応し、労働者の権利を守る業務であるため、「困っている人の力になる仕事がしたい」や、「正義感が強い」という人にとってはやりがいのある仕事といえるでしょう。

労働者側からの訴えがあった場合には、事業者側に事実確認を行いますが、時には強硬な姿勢で訴えを否定する事業者の場合もあります。

そういった事業者に対しても、労働基準監督官として労働者の権利を保護するために毅然とした対応で処理することが求められます。

冷静さ、判断力、事務処理能力

労働基準監督官の業務を行うにあたっては、「冷静さ」「判断力」「事務処理能力」を必要とされるでしょう。

たとえば、労使問題の対応の際には、事業者側と労働者側は双方の言い分を主張し、感情的になることも多いでしょう。

そういった中、労働基準監督官はあくまで中立的な立場から、冷静に双方の言い分を聞き、問題を理解する必要があります。

そして、双方の言い分を理解するために必要となる証拠を集め、何が正しいのかを的確に判断する、判断力をもたなければならないでしょう。

さらに、近年の経済不況の影響もあり、賃金の不払い、サービス残業、不当解雇など様々な問題が増えてきていることから業務量も多く、効率的に進めるためにも事務処理力も求められます。

労働基準監督官に役立つ資格

労働基準監督官の中には、キャリアアップのために社会保険労務士の資格取得に向け、労働関連知識について勉強している人もいます。

公務員であるため、資格を取得したからといって特別な手当がつくというわけではありませんが、業務に役立てることができるより専門性の高い知識を身に着けるのに役立つ資格といえるでしょう。