理容師の仕事内容

お客さまの髪を切り揃える

理容師の仕事をひとことで表すとすれば、「お客さまの髪を切り整えること」といえるでしょう。

ただ単純に髪を切るだけではなく、理容室(床屋)に来店されたお客さまの要望や好み、ヘアや頭皮の状態などを見極めながら、適切にカットをして髪型を整えていきます。

また、サービス業の一種として、お客さまに対する応対・接客マナーを身につけることも欠かせません。

とくに、お得意さまや常連のお客さまの好みや髪の特質などは細かく把握しておき、来店時にはお客さまから何もいわれなくても、いつもどおりの気に入ったヘアスタイルに仕上げていくといった心遣いも求められる仕事です。

施術のプロセス

理容師が、お客さまのヘアスタイルを仕上げるまでにはたくさんのプロセスがあり、各プロセスでさまざまな技術が施されていきます。

まずは、お客様さまの髪を切る体勢までを整える「セッティング」にはじまります。

どんな風にカットしたいのか「カウンセリング」し、実際に髪を切っていく「カッティング」を行います。

さらに、カット後の髪を洗う「シャンプー」、髭や顔のうぶ毛処理を施す「シェービング・顔剃り」、カット後の髪を整える「ブロー」、肌の手入れを行う「フェイシャル」、すべてのプロセスを終えてから全体を見直して整える「フィニッシュ」。

これが、基本的に理容師が提供する一連の施術です。

なお、理容師とよく似た職業に「美容師」があり、実際に両者の仕事内容は共通するところがありますが、カミソリを使う「シェービング」に関しては、理容師免許の取得者のみが行える施術となっています。

お客さまの要望に応じたさまざまな施術メニュー

このほかにも、毛染めの要望に際してお客様の髪の色合いを確認する「カラーコーディネイト」、毛染めの「ヘアカラーリング」、髪をロッドで巻き上げる「ワインディング」、爪の手入れを行う「ネイルケア」、ヘアやスキンの相談に応じてアドバイスを実施する「コンサル」などがあります。

これら一つひとつの施術を駆使しながら、お客さまに満足をお届けするのが理容師の仕事です。