理容専門学校の昼間制と通信制の違い

通信は3年制

通常、理容専門学校の昼間制は2年間が基本となっていますが、通信制は3年間がほとんどです。

通信制を利用する多くの生徒は、すでに理容室のスタッフとして活躍している人たちで、朝〜夕方の営業時間は理容室でしっかり働いて、帰宅後に通信制のカリキュラムに沿った勉強をしています。

国家試験対策

通信制で勉強する理由は、もちろん国家試験の受験資格取得にあります。理容師は国家資格を前提とした職業です。国家試験を受験するにはこうした勉強と実技・実習(入店による実地経験)の双方が不可欠です。

昼間制に通う学生は、在学中に集中した勉強時間をとれますから、おおむね2年間で国家試験対策に必要な勉強科目をマスターすることができます。

通信制は、理容室で働きながらの人が大半であることから、多くの学校で3年制のカリキュラムが設定されています。

また通信制の場合は、国家試験対策の一環として、一定期間のスクーリングが義務づけられています。

入店先の仕事をしっかりこなし、スクーリングで国家試験対策の実技を習得し、そのうえで筆記試験に向けた理論などの勉強も行うなど、通信制に通う学生にはかなりハードな時期を乗り越えなければなりません。

昼間制に通う学生は、日常的に講師や指導担当の先生に会うことができますが、通信制の学生にはそうした日常はありませんので、このスクーリングの時期を有効に使って、実技の習得や個人的な課題克服のための相談、あるいは進路に対する相談など、密度の濃い日々を送る必要があります