理容師の仕事で大切にしていること (体験談)

あこがれの先生

入学してから知ったのですが、僕が通っていた理美容専門学校には、カリスマ理容師と呼ばれる先生がいて、いつの間にかその先生の後を追うようになっていました。

コンテストでの優勝や有名な理美容用品の開発メーカーとのコラボレーションなども手がけていて、理容室はつねに予約のお客様でいっぱいでした。とにかくカッコ良かったです。

念願だった実習生としての入店が許され、卒業後もこの店に残って働かせてもらっています。

「丁寧 真心 挨拶」

先生が良く店のスタッフに言っているモットーは、「丁寧 真心 挨拶」の3つのキーワードです。

最初のころは、技術も一流で、周りの人も認めるほどのカッコいい先生が、ずいぶん地味で平凡なことを言ってるなと思っていました。

しかしあるとき先生が、閉店後のミーティングでこんな話を聞かせてくれました。『丁寧には3つの意味がある、親に対して丁寧に、自分や仲間に対して丁寧に、お客様に対して丁寧に〜』といった内容でした。

3つの丁寧

3つの丁寧は川の流れのようにつながっている。自分を産んでくれた親に丁寧な気持ちで接することができない人間は、自分にも周囲にも、そしてお客様にも丁寧に接することができないという話しもしてくれました。

僕はこれを聞いたとき、浅い受け取り方しかできていなかった自分に、とても恥ずかしい思いがしました。

それ以来、お店のモットーの意味を、一つ一つ自分で考え、そうだと気づいたことは即実践に移すようにしています。

技術は上手くて当たり前だということも、最近になってわかってきました。

サービス業である理容師は、お客様に対してそれをどうお返しするかという姿勢がいちばん大事なんだと感じています。