理容師法とは

理容師法とは何か

理容師法とは、理容師や管理理容師の資格や仕事内容などに関して規定した法律のことをいいます。

昭和23年1月1日に施行され、だいぶ歴史ある法律となっています。

理容師法を細かく見ていくとさまざまな規定が書かれていますが、冒頭では「理容師とは、理容を業とする者」そして「理容所とは、理容の業を行うために設けられた施設」と定義されています。

理容師になるには「理容師試験を受けて厚生労働大臣の免許を受ける必要があること」も、この理容師法の第二条という部分で定められているものです。

また、お客さまの頭髪や肌に直接触れる仕事であることから、衛生管理に関することも書かれており、「理容師が理容を行う場合には器具やタオル等を清潔に保たねばならない」といった内容の一文もあります。

理容師法と美容師法についての議論

理容師法と併せてよく語られる法律に、「美容師法」というものがあります。

理容師と美容師。どちらも国家資格を持って働き、お客さまの髪型などを職業である点は共通しています。

しかし、それぞれの業務内容は法律上で以下のように定義されています。

理容師

頭髪の刈込、顔そり等の方法により、容姿を整えること
(理容師法第1条の2第1項)

美容師

パーマネントウエーブ、結髪、化粧等の方法により、容姿を美しくすること
(美容師法第2条第1項)

こうした法律によって、かつて美容師が男性のヘアカットを行えるのは「パーマ等に付随する場合のみ」と制限されていましたが、2015年の規制緩和によって、理容師がパーマネントウエーブを行うこと、美容師がカッティングを行うことも認められるようになりました。

なお、現代の日本では男性も女性も利用できる複合型サロンの増加、消費者ニーズの多様化などから、理・美容統一資格を策定すべきという意見も出ており、理容師法、美容師法のあり方は引き続き議論が続けられていくものと考えられます。