理容師のつらいこと、大変なこと、苦労 (体験談)

確かな技術を身につけなければならない

理容師という職業にはやりがいも魅力もたくさんありますが、その裏返しのように、苦労もたくさんあります。

「手に職をつける」という言葉がありますが、理容師も、技術を身につけさえすればそれひとつで食べていける職業です。

しかし、そんなに簡単に一定以上の技術が身につくわけではありません。それなりの努力や苦労を重ね、3年や5年という長い時間をかけて徐々に技術を修練させていかなければなりません。

また、技術職ですから、先輩であれ後輩であれ、いずれは競争相手になります。いい意味でのライバルという関係以上に、緊張した間柄になることも想定できます。

こうしたプレッシャーに打ち負けないように努力を続けなくてはならないことは、一人前の理容師になるために避けられない苦労です。

新人時代の苦労

何よりも苦労を強いられるのは、新人時代の日々でしょう。

これから理容師を目指そうと覚悟を決めた人にとっては、間もなくやってくるであろう試練です。

国家資格を得るために専門学校に通っている間は、実習生として理容室でアシスタントの役割をこなし、さらに学校とお店の両方から出される課題の山をクリアしなければならない日々が続きます。

生活的な面でいえば、アシスタント時代は薄給で遊ぶ時間もほとんどありません。

受験資格を獲得し、理容師としての国家資格を取得するまでは、少なくても半人前でしかないのです。

昇給してお金に余裕ができたり、自由な遊び時間を思うようにとったりすることができる日常は、そう簡単に訪れないと思っておいたほうがよいでしょう。

苦労をいかに楽しむか

しかし、そうした「駆け出しの時代」というのは、どんな職業に就いても多かれ少なかれあるものです。

若いうちの3年や5年はあっという間に過ぎますし、そうした苦労が後々のバネになり、あなたを大成へと導く源泉になります。

壁を乗り越えた人には、より大きな山がやってきますが、乗り越えない人に次の山が見えることはありません。

気持ちを上手に切り替えて苦労を乗り越え、夢をつかみ取ってほしいものです。