理容師の勤務時間、休日

勤務時間

理容師は、基本的に職場である各理容室の営業時間に沿った時間で働くことになります。

営業時間は店舗によって異なりますが、9時から20時くらいの間で設定されているところが多いです。

しかし、理容師はこの営業時間内だけ働いていればよいというわけではありません。

たとえば、朝は開店時間に間に合うように準備をする必要がありますし、閉店後も掃除や片付けなどをするため、営業時間に加えて最低でも2~3時間は働くことになります。

こうしたことから、理容師が1日に働くのは12時間くらい、あるいはそれ以上になることもあり、どうしても拘束時間は長くなりがちです。

とくに入店間もない時期は、朝はいち早く出勤して店の掃除や準備をし、営業時間後に居残りをして何時間か練習するなど、自由な時間はあまりとれない日々が続く可能性があります。

ただし最近では、一部の店舗で理容師の労働環境をより良くするために、1日8時間程度の勤務を徹底しているところも出てきているようです。

休日

多くの理容師は、店舗の休業日に合わせて休みをとっています。

店舗によって異なりますが、たいていの店では土日にお客さまが集中するため、その日に休むことはできません。

理容室では月曜定休のところが多数を占めます。この定休日に加えて週に1日程度の休みがとれる職場もありますが、平日になることがほとんどです。

だいたい月に6日~8日程度の休みをとっている人が多いようです。

なお、年末などの繁忙期には予約が立て込むため、休日返上で出勤することもあります。ただし、その分、お客さまの数が少ない時期にまとめて連休をとれる場合があります。

ただし、休日の状況も勤務先となる店舗によって異なるのが実情です。スタッフが複数いる店舗であれば、交代で休日をとりやすい環境があるといえますが、スタッフが少ない場合には思うように休みがとりにくいこともあります。