理容師の1日

みなさん一人ひとりに考えや取り組み方があるように、理容師といえども1日の行動やスケジュールには違いがあります。

また家族経営の理容室か、家族経営であっても多店舗展開を行っている会社か、FC(フランチャイズ)などの展開をしている会社組織かによっても異なります。

そのことを理解いただいた上で、ある理容師の日常を紹介いたします。

起床

朝6時ごろ起床。自室にトレーニングジムの機械があり、毎朝1時間程度ストレッチや筋トレを行い、その後、オリジナルメニューの朝食をとりながら、新聞3紙とファッション雑誌など数誌に目を通します。

ストレッチ・筋トレは、立ちっ放しの日常の体力を保ち、体幹を維持するためです。メディアの読み込みを大切にするのは、トレンドの把握、お客様との話題づくり、接客力の向上のためです。

出勤

その後、アシスタントや自分のスケジュールチェックを行い、店内の見回り、機材・備品のチェックなどを終えたころ、スタッフが順次入店します。

メンバーが揃ったところでミーティングを行い、前日の課題解決や注意事項を伝達して開店準備にかかります。

開店後にお客様をお迎えしてからは理容師としての通常のワークをこなし、日程のあるときは、母校などへ行って教壇に立ったり後進の実技指導にあたったりします。

時期によっては、出張やイベントへの出席、コンテストに向けてのトレーニングも重なります。複数の店舗を経営しているオーナーになると、これに加えて他店舗の見回りや店長指導、アシスタントチェックなどが日常化します。

すべての理容師ではありませんが、本業以外の多忙さを抱えている理容師も大勢います。