理容師の1日

みなさん一人ひとりに独自の考え方や取り組み方があるように、同じ理容師といえども、人によって1日の行動パターンやスケジュールには違いがあります。

また、職場となる理容室も、家族経営の小さな理容室か、家族経営であっても多店舗展開を行っている会社か、あるいはFC(フランチャイズ)などを展開をしている大きな会社組織かによっても異なります。

こうした点を理解いただいたうえで、ある理容師の日常の過ごし方を紹介します。

理容師のある1日

06:00 起床

自室にトレーニングジムの機械があり、毎朝1時間程度ストレッチや筋トレを行います。

立ちっ放しの日常の体力を保ち、体幹を維持するために、こうしたトレーニングは欠かせません。

07:00 朝食

オリジナルメニューの朝食をとりながら、新聞3紙とファッション雑誌など数誌に目を通します。

トレンドを把握して、お客さまとさまざまな話題に対応できるように努めます。

08:30 出勤

ユニフォームに着替えたら、アシスタントや自分のスケジュールをチェック。

店内の見回り、機材・備品のチェックなどを終えたころ、スタッフが順次入店します。

09:30 ミーティング

メンバーが揃ったところでミーティングを行い、前日の課題解決や注意事項を伝達して開店準備にかかります。

10:00 開店

お客さまをお迎えしてからは理容師としての通常のワークをこなします。

11:30 学校で講師業務

日によっては母校となる専門学校へ出向き、教壇に立ったり後進の実技指導にあたったりします。

13:00 休憩

お客さまの予約の状況などを見て、昼食をとります。

14:00 アシスタントの技術チェック

お客さまがいない時間帯に、アシスタントの技術を確認します。

19:00 閉店

掃除、片付けは毎日しっかりと行います。

20:30 帰宅

時期によっては、出張やイベントへの出席、コンテストに向けてのトレーニングも重なります。

複数の店舗を経営しているオーナーになると、これに加えて他店舗の見回りや店長指導なども業務に含まれます。

すべての理容師ではありませんが、本業以外の多忙さを抱えている理容師も大勢います。