理容専門学校の選び方

一人前の理容師になるために

一人前の理容師となるためには、どのような勉強をして、どれほどの技術を修得し、いかなる経験を積んでいけばよいのでしょうか。

これから理容師を目指そうとする若い人たちが進路を漠然と思い描くとき、このような疑問がきっと頭に浮かぶだろうと思います。

理容師は国家資格を前提とした職業ですから、基本的には理容の専門学校に通い、国家試験の受験に必要な要件を満たしておく必要があります。

つまり、優良な専門学校に通い、きちんとした知識(勉強・理論)と技術(実技)、実践(経験)を修得することが、理容師となる第一歩なのです。

頭の中に、「理容師=国家資格=専門学校=就職(入店)」というロードマップをイメージしてください。そのうえで、ここでは理容専門学校の選び方について、いくつかのポイントをお話しておきましょう。

3つのポイント

Point1 「授業内容」

ここでいう授業内容とは、理論と実技を合計した授業時間およびカリキュラムの密度のことです。

理容専門学校の通学年数は基本的には2年、長くても3年と短い時間ですから、この間にどれだけ濃密な授業を受けられるのかが重要なカギとなります。

Point2 「講師陣」

たとえば自分のお店を持っている、そして自分の店に在校生をたくさん入店させて実地で指導・育成している、理容コンクールなどで国内外を問わず受賞した実績があるなど、講師の特徴や実力をよくチェックすることも大切です。

理容専門学校では、おおむねその学校の卒業生が講師を勤め、後輩に当たる生徒に精一杯の指導を行っています。

Point3 「制度・実績」

留学制度や奨学金制度の有無、進路指導へどの程度の力を入れているか、国家試験の合格率、海外提携校などから講師を招き特別授業を行っている、在校生・卒業生を問わずコンクールの受賞経験者が多い、あるいは建学からの歴史があり理念や方針がしっかりしているなど、その学校ならではの強みを把握するとよいでしょう。

こうした情報は、パンフレットやWebサイトを通じて入手することもできますが、必ず「体験入学・オープンキャンパス」に参加して、先生や在校生から直に話を聞き、校風を肌でキャッチすることが重要です。

理容専門学校は数がありますが、だからこそ、資料を取り寄せただけで安易に入学を決めてしまうなどはおすすめできません。

上記に挙げたような観点から複数の学校を比較し、自分で「ここなら安心して学べそうだ」と思える学校選びをしたいものです。