理容専門学校で勉強すること

理容学校ごとにカリキュラムの立て方は異なりますが、おおまかな理解をしていただくためにご紹介しておきます。

2年制の学校が大半を占めますが、カリキュラムは理論と実習に大別されます。

1年次

そのうえで1年次は、理論・実習ともに「基礎」を学習します。たとえば1年次の理論の基礎とは色彩概論といったように、理容師として必須の理論テーマを掲げ、その大枠や総論を学んでいきます。

実習においては、ヘアカット、シャンプー、メイクアップ、シェービング、フェイシャル、トリートメント、ワインディング、ネイルケアなどをひと通り学習していきます。

とくに実習については、生徒によって得意不得意による格差が出てきますので、課題や宿題も多くなります。そのため濃密な授業、生徒の習熟度合い、成長などに高い目標を掲げる学校ほど、1日のスケジュールが想像以上に忙しくなります。

また早い学校では、入学当初から国家試験対策を織り込んだカリキュラムを立てていますので、試験対策や進路指導と並行して、国家試験合格を勝ち取るための勉強も行われます。

2年次

2年次は、理論・実習ともに、応用・高度テクニックを学びます。理論であれば、たとえば1年次に学んだ色彩学の応用スケッチ、テキスタイル画やフェイスデッサンなど、かなりディテールな部分にまで踏み込んだ学習を行う学校もあります。

実習はたとえばヘアカットの最新モードなどを特別講師が紹介して、そのテクニックまでを披露するなど、卒業後の進路を見据えた実用的・創造的な内容になります。

また2年次からは国家試験対策のカリキュラムが本格化します。卒業後の就職(入店)相談と並行して、将来のビジョンがかなり明確になります。

学校によっては1年次の後半か2年次の前半に海外研修・海外提携校との交流(修学旅行)を実施するところもあります。