臨床心理士の役割

人間の心の問題に向き合い、解決に導くサポートをする

臨床心理士の大きな役割は、「心の問題を抱えた人に対し、臨床心理的技法を用いて問題解決のサポートをすること」です。

臨床心理士の元には、さまざまな心の悩みを抱えたクライアントがやってきます。

そこで、臨床心理士は心理検査や面接を通してクライアントの心がどのような状況にあるのかを判断し、心理カウンセリングや認知行動療法、集団療法など多様な方法を使い分け、一人ひとりに合った支援を行っていきます。

臨床心理士は、クライアントに対して「ああしなさい」「こうしなさい」と命令してはいけません。また、臨床心理士の個人的な感情で物事を判断しないように気を付ける必要もあります。

あくまでも、カウンセリングによってクライアントがどのような問題を抱えているのか適切に理解したうえで、一人ひとりのクライアント適した心理技法を用いて、相手が心の問題を解決していけるように援助します。

一人ひとりの相手と向き合い、信頼感を築く

いくら臨床心理士が「心の専門家」だとはいっても、見知らぬ人に自分の心の問題を相談することに抵抗を抱くクライアントは少なくありません。

そこで、何よりも大切になるのがお互いの信頼関係です。臨床心理士はクライアントに理解と共感を示し、安心感を持ってもらうように努めます。

お互いにきちんと心を開けてこそ、適切なカウンセリングが実践できますし、サポートもしやすくなります。

クライアントは一人ひとり抱える問題が異なりますし、それに対してどうアプローチすればいいのか、解決の方法も変わってきます。

ときには長い時間をかけてゆっくりと問題を解決していくケースもあります。すぐに結果が出なくても、臨床心理士は根気よく相手と向き合っていくことが大切です。

求められる役割はますます広がる

最近は、臨床心理士に求められる役割や、活躍の場が広がりつつあります。

たとえば、

・医療現場においては医師と患者の間に立つコーディネーター的な役割を任される
・学校で生徒が楽しく生活を送れるための相談に乗るスクールカウンセラーとして活動する
・被災地の人々のメンタルケアのために派遣される

などの役割もあります。

社会が複雑化する中で、心に問題を抱える人も増えているといわれます。このような時代背景において、臨床心理士に求められる役割は、これからもますます広がっていくと考えられます。