臨床心理士の仕事内容

理解、共感が大切

臨床心理士とは、数ある心理系の民間資格の中でも「日本臨床心理士資格認定協会」が実施する「臨床心理士資格試験」に合格し、認定を受けた人のことをいいます。

心の問題を抱えた依頼者(クライアント)に対し、さまざまな臨床心理的技法を用いて問題解決のサポートをしていく仕事です。

臨床心理士は、クライアントに対して「こうしなさい」と指示をしたり、相手が話したことを否定したりしてはいけません。

どのような場合においても、まずは相手の話を理解・共感しながら、専門技法を用いて、クライアント自身が頭の中の考えを整理し、自分で問題を解決していけるための手助けを行います。

なお、「心理カウンセラー」や「サイコセラピスト」など心の問題に取り組む職業はいくつもありますが、そのうち臨床心理士は、最も専門性や信頼性が高いものとして認識されています。

臨床心理士の業務

臨床心理士の活躍の場は医療分野から教育分野、産業領域などまで非常に幅広く、現場によって求められることも多少異なってきますが、業務としては主に以下の4つがあります。

1.臨床心理査定(アセスメント)

面接や観察によってクライアントがどのような状況にいるのかを把握したうえで、心理検査を行います。

その結果によって、クライアントの特徴や心の問題点を明確にし、必要な援助を検討します。

2.心理カウンセリング

アセスメントの結果を元に、カウンセリングや心理療法を行っていきます。

心理療法にはクライアント中心療法、精神分析療法、行動療法など、さまざまなものがあります。

3.臨床心理学的地域援助

クライアントの抱える問題は、自分一人だけでは解決できない場合もあります。

必要に応じて家庭、職場、学校など、周囲にも働きかけて援助を行います。生活環境の改善提案を行うこともあります。

4.調査・研究活動

より多くのクライアントのサポートができるようになるために、臨床心理的調査や研究活動を通して知識とスキルの向上に努めます。

臨床心理士の主な勤務先、活躍の場

ストレスの多い現代社会。心の問題を抱える人が増えていることもあり、臨床心理士の活動の場は徐々に広がりを見せています。

人が存在するすべての場所で、臨床心理士のニーズがあるといっても過言ではありません。

教育分野

代表的な存在が、学校内の相談室で働く「スクールカウンセラー」です。

生徒から直接、人間関係や学業、生活面などの相談を受けるばかりでなく、必要に応じて教職員や保護者と面談をし、生徒の心の問題を解決に導くためのサポートをします。

また、地域の教育センターや教育相談機関などに勤める臨床心理士もいます。

医療・保険分野

病院の精神科、心療内科などで働く臨床心理士も多くいます。精神的な病を抱えている人や、病気やケガなどによって気持ちが落ち込んでいる人の心のケアをします。

市町村の保健センターや保健所など公的な施設に勤務し、住民のカウンセリングを行ったり、乳幼児の発達相談に関わる臨床心理士もいます。

福祉分野

児童相談所、老人福祉施設、療育施設などに勤務します。介護福祉士などと連携し、高齢者や障害者などの精神面でのサポートを行います。

産業分野

現代社会では職場におけるメンタルケアの重要性がうたわれており、社内に「相談室」を置き、従業員が気軽にカウンセリングを受けられる場を提供する企業も増えています。

なお、企業内のカウンセリングに特化した「産業カウンセラー」という資格もあります。

司法・矯正分野

警察関連施設において犯罪のプロファイリングを行ったり、少年院や刑務所の受刑者に対してカウンセリングを行う臨床心理士もいます。