臨床心理士の仕事内容

理解、共感が大切 臨床心理士とは、数ある心理系の民間資格の中でも「日本臨床心理士資格認定協会」が実施する「臨床心理士資格試験」に合格し、認定を受けた人のことをいいます。 心の問題を抱えた依頼者(クライアント)に対し、さま … 続きを読む

臨床心理士の就職先と活躍の場

臨床心理士の就職先・勤務先は多岐に渡りますが、領域別に見ていくとわかりやすいでしょう。 以下に挙げた領域がすべてではなく、昨今ではそれぞれの領域間の統合や連携が進んでいる現場も増えています。さらに、多数の現場経験を積んで … 続きを読む

臨床心理士の役割

人間の心の問題に向き合い、解決に導くサポートをする 臨床心理士の大きな役割は、「心の問題を抱えた人に対し、臨床心理的技法を用いて問題解決のサポートをすること」です。 臨床心理士の元には、さまざまな心の悩みを抱えたクライア … 続きを読む

臨床心理士と心理カウンセラーの違い

誰でも「心理カウンセラー」と名乗ることはできる 現在の日本では、心理学に関する国家資格が存在せず、心理系の民間資格が乱立している現状があります。 「国家資格がない」ということは、特別な資格を持っていなくても、心理カウンセ … 続きを読む

臨床心理士と精神科医の違い

仕事の違い 精神科医や心療内科医は心の病を診断し、病気を治療するという観点で投薬を行うことが仕事の中心となります。それに対して、臨床心理士はクライエント自身の力で精神状態を回復させることを支援します。 臨床心理士はクライ … 続きを読む

臨床心理士の現状と将来性

活躍の場は広がっているが、就職状況は厳しい 学校、職場、家庭、地域など、さまざまな場所で「心の問題」を抱える人が多い現代社会において、臨床心理士は時代の流れとともに、だんだんとニーズが高まっている職業です。 たとえば、ス … 続きを読む

臨床心理士のやりがい

人の心に寄り添い、問題を解決に導ける 臨床心理士は、小さな子どもから高齢者まで、そして多種多様な職業に就いている人や、それぞれ違った価値観を持つクライアントと接します。 そこでは日々多くの出会いがありますが、クライアント … 続きを読む

臨床心理士の苦労

臨床心理士になるまで 臨床心理士を目指すうえでまず苦労するのは、資格取得までの長い道のりです。指定大学院に入るための受験勉強、そして大学院入学後も毎日勉強や研究を続けなければなりません。 専門用語なども多く出てくるため、 … 続きを読む

臨床心理士のつらいこと、大変なところ

仕事の掛け持ちや勉強を続ける大変さ 皆さんは、臨床心理士に対して、どのような仕事ぶりを想像しているでしょうか。 学校や病院などで、クライアントと向き合って穏やかにカウンセリングをしているイメージを抱く人が多いかもしれませ … 続きを読む

日本臨床心理士会・資格認定協会とは

日本臨床心理士会の目的 「一般社団法人 日本臨床心理士会」は、「財団法人 日本臨床心理士資格認定協会」の認定する臨床心理士資格取得者の全国職能団体として、1989年に設立されました。 設立の目的は、「臨床心理士の資格取得 … 続きを読む

臨床心理士の1日

臨床心理士は、病院や学校、企業、児童相談所などさまざまな場所で働いており、勤務先によって働く時間帯や1日のスケジュールも大きく異なってきます。 ここでは、臨床心理士の代表的な職場となる「病院」と「学校」で働く臨床心理士の … 続きを読む

臨床心理士の魅力

人を助け、喜ばせる仕事ができる 臨床心理士は、人間が抱える心の問題と向き合い、カウンセリングを通してそれを解決に導く専門職です。 専門知識を身に付け、そのスキルでクライアントを助けること。そして、クライアントから「あなた … 続きを読む

臨床心理士と精神保健福祉士の違い

精神保健福祉士と臨床心理士は、どちらも人間の心の問題に関わっていく仕事ですが、別の役割を持っています。ここでは、それぞれの仕事内容を捉えながら、両者の違いについて見ていきましょう。 精神保健福祉士とは? 精神保健福祉士と … 続きを読む

臨床心理士のボランティア活動

臨床心理士のボランティア活動とは 臨床心理士は、職業の一つとして病院や学校などで働き、お金を得ている人がいる一方、身に付けた専門知識やスキルを生かしてボランティア活動をしている人もいます。 また、臨床心理士の資格を得る前 … 続きを読む