臨床心理士の志望動機

人間の「心」に興味がある

臨床心理士の志望動機で多いのは、「昔から心理テストなどが好きで、人間の心のあり方や心の動きに興味があった」というような内容です。

最近では「メンタルケア」や「カウンセリング」といった言葉が身近なものになっていたり、複雑な社会環境の中でストレスを抱えて生きる人が増えているため、より臨床心理士という職業への注目度が高まっているようです。

しかし、臨床心理士になるためには、指定された学校で専門的な勉強を行い、臨床心理の訓練も経験しなければなりません。専門性の高い職業となるだけに勉強は大変です。

しかし、人の心に深く触れていくことに喜びを見出せる人であれば、勉強そのものが楽しく、仕事にもやりがいを見出せるでしょう。

また、人間の心というものは正解がないため、時間をかけて探究していく醍醐味も味わえます。

最初は「興味がある」といった程度でも、勉強をしていくうちに「一生の仕事にしたい」と考えるようになるかもしれません。

苦しむ人を助けたい

人間は誰しも、多かれ少なかれ自分の心の問題に思い悩む瞬間があります。実際、臨床心理士になる人は「過去に自分自身も深く悩んだ経験があった」と話す人が多く見られます。

また、「誰かに話したことで救われた」と話す人もいます。

自分が心の問題で苦しんだり、誰かに助けられたことがあるからこそ、他人の悩みも受け止めることができるのかもしれません。

なお、心の問題といってもその程度は人によってさまざまです。自分だけで解決できれば良いのですが、生活環境や自身の性格などが複雑に絡み合って、問題から抜け出せなくなってしまう人もいます。

そのような問題を抱える人に対して専門的な立場でアプローチし、少しずつ良い方向に導いていくのが臨床心理士の役割。

何よりも「心の問題で苦しむ人を助けたい」という思いが強い人が、臨床心理士になっています。

責任のある仕事という意識を持つ

臨床心理士は、心理系の資格の中では社会的な信用度が高いものとして知られていますが、現在のところ国家資格ではなく、たとえ臨床心理士の資格がなくとも、心理臨床に関わること自体は可能です。

しかし、この仕事は非常に責任のあるものだということは理解しておく必要があります。「人の心の問題に触れる」ということは、考えている以上に重みがあり、大変なことなのです。

そして、この仕事は経験が求められるため、いざ臨床心理士になってからが勝負だといえます。

志望動機は人それぞれ違って構いませんが、「本当にこの仕事に就きたい!」という強い気持ちと覚悟を持っておくことは必須といえます。