臨床心理士と精神科医の違い

仕事の違い

精神科医や心療内科医は心の病を診断し、病気を治療するという観点で投薬を行うことが仕事の中心となります。それに対して、臨床心理士はクライエント自身の力で精神状態を回復させることを支援します。

臨床心理士はクライアントに対して心理検査や面接を行い、どこに問題があるかの見立てをし、さまざまな質問をしながらカウンセリングを繰り返します。

臨床心理士は、クライエントの悩みや相談に対して解決策を提案する仕事ではありません。クライエントが臨床心理士との話をすることによって、クライエント自身が考えを整理し、答えを見つけることを支援することを目指します。

一方で、臨床心理士は医療的な治療を行うことはできませんし、投薬を支持することもできません。

そのため、相談者が精神的に重度の病を持っていると判断した場合には、精神科医や心療内科医などの医師と相談をすることが必要です。治療が必要と判断された場合には医師にクライエントを任せます。

カウンセリングは臨床心理士、病気の治療は精神科医というように仕事が分かれています。

資格の違い

仕事内容だけでなく資格も全く異なります。臨床心理士は臨床心理士資格審査に合格することで取得できる民間資格です。資格試験を受けるためには指定の大学院を卒業していることが必要です。

それに対して、精神科医や心療内科医は医師免許を持った人が携わる仕事です。医学部を卒業後、医師国家試験に合格し、臨床医を経て、その仕事に就くことができます。