臨床心理士の需要と求人・採用募集状況

需要と活躍の場は拡大中

風邪をひいたら病院に通うのと同じように、心の問題で悩んだらカウンセリングを受ける。

そのような考え方が、日本でも徐々に一般的なものになりつつあります。

また、人々の価値観が多様化し、さまざまな人生の選択肢が可能となった一方、学校や職場などにおいて複雑な心の問題を抱える人の数も増加しているといわれます。

このような時代背景のなか、人に直接関わり、専門的な技法を用いて心の問題にアプローチしていく臨床心理士が活躍できる場は大きく広がりつつあります。

臨床心理士の立ち位置

「心理カウンセラー」や「心理セラピスト」など、心理系の職種はいくつもありますが、そのうち臨床心理士は「日本臨床心理士資格認定協会」が実施する「臨床心理士資格試験」に合格、認定された人のことを指し、数ある民間資格のなかでは信頼度が高い仕事として認知されてきました。

そのため、幅広く活躍できるチャンスも掴みやすいといえます。

臨床心理士は国家資格化されていないため、収入や待遇の面で安定していないという声も聞かれますが、この職業の専門性の高さは十分に認められています。

なお、2018年からは新たな心理系の国家資格として「公認心理師」の資格試験がスタートしたため、今後、臨床心理士の社会的立ち位置が若干変化してくるものと考えられています。

しかしながら、公認心理師の知名度が上がるまでには時間がかかり、臨床心理士は少なくとも現在では医療、教育、福祉、司法、産業など、多岐にわたる場所での需要があります。

給料や待遇面に不安も

臨床心理士の具体的な就職先としては、

・病院や保健所などの医療・保険分野
・学校などの教育分野
・児童相談所や老人福祉施設などの福祉分野
・一般企業の相談員
・公的な施設での相談員

などが挙げられます。

人が存在するほぼすべての場所で臨床心理士は活躍できるため、自ら関心のある分野に進むことができ、専門性を深めていくことができます。

しかしながら、臨床心理士の給料や待遇は決して恵まれているとはいえません。

新人の臨床心理士が常勤として就職するのはかなり難しいといわれており、いくつもの職場を非常勤で掛け持ちして、生計を立てている人も少なくありません

なお、最近ではスクールカウンセラーの需要が高まっているといわれますが、それも非常勤の時給制で働くのが一般的です。

もし安定した生活を望むのなら、司法・矯正・警察領域の心理職員になることが考えられます。

この場合、公務員としての待遇を受けることができます。

しかしながら、これらにおける採用数は非常に少ないこと、また公務員採用試験を受ける必要も出てくるため、決して楽な道とはいえません。

臨床心理士の仕事では、何よりも臨床経験が求められます。

経験が浅いうちは、雇用形態にこだわらずに仕事を探してみることで、新たなチャンスが掴めるかもしれません。