臨床心理士の留学

臨床心理士の留学とは

臨床心理士を目指したいと思った場合、まずは日本の大学院で臨床心理に関する必要な科目を学び、臨床心理士の資格を取得して病院や企業などへ就職する、という流れが一般的なものとなっています。

しかし、他の多くの学問と同様に、心理学は日本でしか学べないというものではありません。

一般的に、海外では日本よりも心理学の研究が進んでいるといわれることもあり、将来的に臨床心理士としての仕事をするために、あえて海外の大学等で心理学を学ぶ道を選択する人もいます。

ここでは、臨床心理士の留学事情について紹介します。

海外で学ぶことがベストとは限らない

国によって状況は異なりますが、アメリカやイギリス、オーストラリアなどでは心理学を学べる大学や大学院が多くあり、学校心理学、犯罪心理学、カウンセリング心理学など、領域ごとに細かくコースが分けられている場合も多いようです。

なお、これらの国では日本以上に「カウンセリング」というものが人々の日常の中に溶け込んでいるため、臨床心理士の社会的立場は、より確立されているといえるかもしれません。

実際、アメリカの一部の臨床心理士は、かなりの高年収を稼ぎ出す人もいるといわれています。

しかし、外国人留学生としてそのまま現地で就職するのは実態としては非常に厳しいようで、そのまま帰国する人が大半となっているようです。

また、たとえ海外で臨床心理士の資格を得たとしても、それだけで日本における就職が有利になるとは限りません。

日本の臨床心理士の資格を得たいのであれば、日本の指定大学院で学ぶことも必要になってきます。

臨床心理学の学派は多種多様ですから、自分が何を勉強したいのかによって留学先を考える必要があります。場合によっては、日本で学ぶほうが良いといえることもあります。

実際には、まったく心理学を学んだことのない人がいきなり海外で学ぶというよりも、日本で臨床心理士としてすでに仕事をしている人が、特定の領域に関する専門性を深める目的で留学を考える、というケースが多くなっているようです。