臨床心理士と精神保健福祉士の違い

精神保健福祉士の仕事とは

精神保健福祉士は、国家資格を持ち、精神上の障害がある人やその家族の相談を受け、社会参加のための助言や指導、さまざまな手助けを行う仕事です。

おもに病院や生活訓練所などに勤務し、統合失調症やうつ病などの精神障害を患っている人に対して、その人がよりよい生活を送れるようなアドバイスや指導を行います。

それによって、患者さんがより充実した生活が送れるようにサポートしたり、障害の再発防止の支援をすることを役目としています。

精神保健福祉士の仕事

臨床心理士とのさまざまな違い

ここからは、臨床心理士と精神保健福祉士の違いについて見ていきましょう。

資格の違い

臨床心理士は公益財団法人が認定する民間資格ですが、精神保健福祉士は国家資格となっています。

活躍の場の違い

臨床心理士が活躍する領域は、教育、医療、福祉、産業、司法・矯正・警察など多岐にわたります。

精神保健福祉士は、おもに精神病院などの医療現場や、生活訓練所などの福祉領域で力を発揮します。

対象者の違い

臨床心理士は、精神障害者だけでなく、学校の児童や生徒、ビジネスパーソン、主婦、高齢者など、幅広い世代や立場の人と関わります。

精神保健福祉士は、おもに精神障害者に対してアプローチを行います。

業務内容の違い

臨床心理士は、心理検査やカウンセリングを実践して、対象者一人ひとりの心の問題を把握し、それをよりよい方向へと導きます。

精神保健福祉士は、精神に問題を抱える患者が社会復帰を実現するための、生活上のアドバイスやサポートを行います。

似ているようで異なる職業

臨床心理士と精神保健福祉士は、どちらも人の心の問題を扱うことから同じような職業と思われがちですが、実際には上記のようにさまざまな違いがあります。

ただし、とくに医療現場では両者が協力して患者さんをサポートすることもあり、まったく無関係というわけではありません。

仕事内容や活躍の場などを比較して、どちらを目指していくかよく考えるとよいでしょう。