臨床心理士の苦労

臨床心理士になるまで

臨床心理士を目指すうえでまず苦労するのは、資格取得までの長い道のりです。指定大学院に入るための受験勉強、そして大学院入学後も毎日勉強や研究を続けなければなりません。

専門用語なども多く出てくるため、それまで心理の勉強をあまりしたことがない人にとっては、苦労する面も多いでしょう。

さらに、実習や研究論文の執筆など、時間をかけて取り組まなければならないこともあるため、根気を必要とします。

資格取得後の苦労

努力して臨床心理士の資格を取ってからも、すぐに良い条件の就職先が見つかるとも限りません。経験が浅いうちは、非常勤としていくつもの職場を掛け持ちせざるを得ない人も多くいます。

「いつ契約が切られるか」という不安と日々闘わなければならないこともあります。

生涯勉強!

人と向き合う臨床心理士の仕事は、とても楽なものとは言えません。クライアントのカウンセリングでも、これまで経験したことのないケースに直面すれば、どう対応していいかわからないこともしょっちゅう出てくるものです。

その度に専門書を読んで勉強をしたり、「スーパービジョン(SV)」に参加して他の専門家から助言をもらうように努めなければなりません。また、臨床心理士の資格は5年ごとの更新も必須となります。

臨床心理士にとっては毎日が勉強、そしてそれは一生涯続いていくものです。成長し続けようという気持ちの持てる人でなければ、到底続けられない仕事と言えます。