臨床心理士の就職先と活躍の場

臨床心理士の就職先・勤務先は多岐に渡りますが、領域別に見ていくとわかりやすいでしょう。

以下に挙げた領域がすべてではなく、昨今ではそれぞれの領域間の統合や連携が進んでいる現場も増えています。さらに、多数の現場経験を積んで開業した臨床心理士は、いくつもの領域の仕事を複合的に請け負っていることもあります。

領域別に見る活躍の場

<医療・保健領域>
病院では心療内科や精神科に所属するか、別部門の心理室や医療相談室などに勤務することもあります。保健所では「精神保健福祉相談員」といった肩書きの公務員として、電話相談や健康増進の啓蒙活動などを行っていることが多いです。

■主な勤務先
・精神病院
・総合病院
・医院、クリニック
・保健所
・精神保健福祉センター

<福祉領域>
これらの施設では「指導員」や「心理判定員」といった肩書きを持ち、公務員として働く人が多いです。おもに乳幼児や知的障害者、高齢者などを対象としており、子どもの虐待やドメスティックバイオレンス(DV)被害者の精神的ケアも行います。

■主な勤務先
・児童相談所
・療育施設
・福祉施設

<教育領域>
公立学校にもスクールカウンセラーが配置されるようになり、臨床心理士の活躍の場として、近年大きく伸びている領域です。生徒と保護者、教職員を対象に、不登校やいじめを始めとする学校生活で生じるさまざまな問題に「心理職」という立場で対応します。

■主な勤務先
・公立学校、私立学校
・教育センター

<大学・研究機関>
これらで働くのは、おもに臨床心理学の研究活動や講義を行う人たちです。新たな臨床心理士を育てることも大きな課題のひとつです。また、大学の学生や教職員を対象にした「相談員」として働く人もいます。

■主な勤務先
・大学、大学院
・民間の研究機関

<司法・矯正・警察領域>
たいていの人は公務員として勤務します。たとえば家庭裁判所の調査員は、少年事件を起こした少年に対しては、心理状態を調査しながら処遇を検討したり、心理学的援助も行います。警察の心理職員の場合は、犯罪被害者の相談を受け、継続的な支援を行います。

■主な勤務先
・家庭裁判所<調査官>
・少年鑑別所、少年院、刑務所<法務技官、法務教官>
・保護観察所<保護観察官>
・警視庁、道府県警察本部<心理職員>

<産業領域>
働く人を対象に活動します。大手企業の場合、社内に相談室や健康管理室などを置くことも増えています。

常駐して(非常勤の場合もあり)社員による職場環境や人間関係の相談にのったり、研修会やメンタルヘルスチェックの実施、また公的機関では面接などを通して就職や転職の支援を行うこともあります。

■主な勤務先
・一般企業
・メンタルヘルスの専門機関
・公共職業安定所(ハローワーク)