女性の臨床心理士

女性が多く活躍している

臨床心理士は、性別に関係なく働ける仕事ですが、臨床心理士など心理系の資格を取得している人の比率でいうと、7割~8割程度が女性といわれています。

カウンセリングを学ぶことができる民間のスクールでも、たいてい女性のほうが多く通っており、女性に人気がある職業といえるでしょう。

では、なぜ臨床心理士は女性のほうがずっと多く働いているのでしょうか。

人の感情や心の動きに興味を持つ女性たち

男性よりも女性が臨床心理士を志すことが多い理由のひとつは、「人の心の動き」というものに、女性のほうが敏感であるということが考えられます。

もちろん男性でも繊細な感情を持ち、人の心に寄り添うことが得意な人もいますが、一般的には男女の性差として、女性のほうが人間の「うれしい」「悲しい」といった心の動きに敏感であるというのはよく知られているところです。

こうしたことが、女性が心理系の資格を取得して、その知識を仕事として生かしていきたいという思いにつながっていると考えられます。

不安定な雇用条件であること

また、臨床心理士の一般的な雇用条件や働き方も、女性中心の職業となっている理由のひとつだと考えられます。

臨床心理士は、心理系の民間資格のなかでは最も権威あるものとされていますが、国家資格ではなく、正社員や常勤の働き方ができる求人は決して多くありません。

したがって、時間をかけて臨床心理士の資格を取得しても、非常勤でいくつもの職場をかけもちし、給料はパートと同じように「時給制」で働く人が多くいます。

他の職種の正社員に比べると、どうしても不安定な生活を送ることになりやすいため、その点に男性は抵抗を抱くことがあるようです。

資格や専門知識を生かして働ける魅力も

ただし、別の見方をすれば、女性が働きやすい仕事ともいえます。

専門的な勉強をして、一度身につけた臨床心理士としての知識はずっと生かせますし、教育、医療、産業などの各領域で臨床心理士を求める場は多くあります。

非常勤の求人が多いということは、結婚をしたり子育て中の女性であっても、空いた時間だけ仕事をするということも可能です。

カウンセリングの場では、幼い子どもや思春期の女子生徒などが、女性の臨床心理士を希望する場合もあります。

女性ならではの特性を生かして、大きく活躍することが可能です。