臨床心理士の1日

臨床心理士は、病院や学校、企業、児童相談所などさまざまな場所で働いており、勤務先によって働く時間帯や1日のスケジュールも大きく異なってきます。

ここでは、臨床心理士の代表的な職場となる「病院」と「学校」で働く臨床心理士のある1日を紹介します。

総合病院(精神科)で働く臨床心理士のある1日

8:15 出勤

白衣に着替えて準備を整えます。前日から何か変わっていることがないか、その日のスケジュールを確認します。

8:45 ミーティング

科内のスタッフでミーティングを行い、情報を共有します。総合病院で働く臨床心理士の場合、一緒に働く医師や看護師などと連携をとることも非常に重要です。

9:00 外来患者の対応

毎日の業務は、外来患者のカウンセリングが主となります。個人面接を行い、必要に応じて心理検査やコンサルテーションを行っていきます。

患者さん一人あたりの面接時間は30分〜1時間程度。限られた時間内で、効果的なカウンセリングができるように集中します。

12:00 休憩

持参したお弁当を食べながら頭を休めます。少し外の空気を吸ってリフレッシュも。

13:00 入院患者の対応

精神科だけではなく、他科に入院中の患者の相談業務を行うこともあります。

14:30 外来患者の対応

午前中と同様に、外来患者のカウンセリングや心理検査を中心に行います。

医師の代わりに健康上の不安や悩みを聞くことも多くあるため、内容を忘れないよう都度記録を付けていきます。

17:00 カルテ記入

外来が落ち着いたタイミングでカルテを記入したり、カンファレンス(他のスタッフとの話し合い、打ち合わせ)を行います。

新患が多く忙しい日は、業務時間外にこれらの作業をすることもあります。

18:00 業務終了

残業がなければそのまま帰宅して自宅でゆっくりと過ごしたり、帰りがけに買い物を楽しむこともあります。

中学校のスクールカウンセラーとして働く臨床心理士のある1日

8:30 出勤

出勤すると、まずは教師と打ち合わせを行い、カウンセリングが必要な生徒の情報を集めます。

10:00 カウンセリング

当該生徒の個人面接を行います。

スクールカウンセラーの場合、カウンセリングの場だけでやり取りを完結するのではなく、日常の生徒の様子を観察することも重要です。

12:15 休憩

不登校に関する参考文献に目を通しながら昼食をとります。

13:00 授業観察

カウンセリングを必要とする生徒の授業中の様子を観察。ここで得た情報は後で記録し、次のカウンセリングに生かしていきます。

14:00 教員とのコンサルテーション

担当教員と連携をとりながら、生徒に対してどのように接していけばいいのかをアドバイスしたり、今後のカウンセリングの進め方について話し合っていきます。

15:45 勤務終了

非常勤で働いているため、1日の仕事は6時間程度となっています。

年度はじめ、夏休みなどの長期休暇明け、進路選択を行う12月以降になると相談業務が増え、忙しくなりがちです。