派遣の臨床心理士

派遣の形で働く人もいる

臨床心理士という職業の認知度は徐々に上がっているようですが、いまだこの仕事は常勤で働く人よりも、非常勤で働く人のほうが多いといわれています。

臨床心理士の有資格者に対して常勤の求人は足りておらず、パートなどの非常勤での勤務を掛け持ちしている人も少なくありません。

また、一部では派遣として働く人もいるようです。

やはり給与面や待遇面が充実しているのは常勤勤務ですが、どうしても常勤での仕事が見つからない場合には、派遣などで経験を積んでいき、ゆくゆくは常勤を目指すという道を模索してもよいかもしれません。

派遣の臨床心理士になるには

注意しておきたいのは、派遣とはいっても臨床心理士として働く場合には、基本的に臨床心理師の資格が求められるということです。

この仕事は心理学の専門知識が問われるため、定められた大学院で学び、専門的な知識やカウンセリングスキルを身につけている必要があります。

臨床心理士が派遣として働きたい場合は、他職種の一般的な派遣と同様に、派遣会社へ登録をすることになります。

しかし、その場合に「臨床心理士」という職種で募集されていたり登録できるとは限らず、「心理カウンセラー」や「相談員」といった名称のほうが一般的となっているようです。

あまり数は多くありませんが、医療業界に特化した派遣会社もあり、そこでは臨床心理士を積極的に求めることがあるようです。

都道府県の臨床心理士会に所属する

各都道府県には「臨床心理士会」という組織があり、そこに臨床心理士として所属すると、災害時などの際には地方自治体と連携して、現地へ臨床心理士が派遣されることがあるようです。

大きな災害時には被災者の心のケアなどが求められますが、そこでも臨床心理士が力を発揮することができます。

非常勤という、不安定な立場を強いられることも多い臨床心理士ですが、社会的な需要は大きく、さまざまな働き方で活躍している人たちがいます。