臨床心理士は文系、理系のどっちが有利?

学部で制限はない

臨床心理士になるために、絶対にこの学部を出ていなくてはならないということはありません。

臨床心理士の受験資格として、「指定大学院(1種・2種)を修了した者」や「臨床心理士養成に関する専門職大学院を修了した者」などがありますが、大学院は「大卒」の学歴があれば受験でき、とくに文系や理系で制限を受けるわけではありません。

ただし、一部の大学院では心理学の単位や卒業論文などの要件を満たす必要があるため、大学で心理学を学んでいないと受けられない場合があります。

また、一般的には臨床心理士の専門分野である「心理学」に関しては、文系に分類されると考えられています。

より早くから心理学に触れるメリットもある

臨床心理士になるための大学院の入試試験では、心理学の基礎知識が問われる問題が出題されます。

大学院はかなりの高倍率になることが多いため、できれば大学のうちに心理学に関する基礎学力を身につけておくことが望まれます。

大学入学以前に臨床心理士になることを強く希望しているのならば、心理学部に進んでおいて損はないでしょう。

とくに、臨床心理士第1種指定の大学院とつながっている大学に進学すれば、学内選抜で大学院へ進める可能性も出てきます。

臨床心理士は非常に専門的な勉強をしていくため、早くから心理学に触れておくメリットはあるといえます。

理系から臨床心理士になることもできる

しかし、臨床心理士は理系であると不利ということはありません。

心理学は文系要素が強いといっても、調査や実験の分析などでデータを読む機会も多々あります。

また、専門書や論文のような固い文章を日常的に読み込まなくてはならないため、論理的思考力は必須です。

大学まで理系であっても、自主的に臨床心理士の大学院の試験対策をし、そのまま合格をして臨床心理士として活躍する人もいます。

どのような勉強をしていても、本人の熱意や努力次第で臨床心理士になることは可能です。