アルバイト、パートの臨床心理士

非常勤の求人は多い

臨床心理士は、全体として正社員や正職員の求人が少なく、アルバイトやパートなど非常勤で働く人が非常に多いことが特徴です。

大学院まで進んで臨床心理士の資格を持っていても、残念ながら常勤で勤務できる職場が見つからず、非常勤として複数の仕事を掛け持ちしている人も珍しくありません。

ただし、経験を積めば少ない常勤募集の枠でも優遇されるケースが増えてくるため、若いうちは非常勤でさまざまなケースに触れて経験を積み、常勤勤務を目指すと考える人も多いようです。

非常勤としての仕事内容

臨床心理士の場合、非常勤とはいっても、有資格者として専門性が必要とされる責任ある仕事を任されることが多いです。

児童福祉施設、役所、就業支援センター、病院、学校など、多岐にわたる場所で臨床心理士の募集があります。

仕事内容は心理検査や心理療法、心理相談業務が主となりますが、場合によっては事務作業などまで任されることもあるようです。

非常勤で働くメリット・デメリット

非常勤は「時給制」で働くことになるため、どうしても収入が不安定になりやすく、また時給も職場によってだいぶ差があるのが実情です。

また、非常勤の場合はボーナスの支給がないことが一般的であるため、常勤の人よりも収入は低めになるでしょう。

社会保険や福利厚生の面でも、常勤のような保証がないことがほとんどです。

たいていは1年ごとなど期限を決めての契約となるため、いつ仕事がなくなるかという不安を抱えながら生活することになります。

しかし、非常勤のよさもあります。

常勤の場合、決められた職場でのフルタイム勤務が基本となりますが、非常勤であればいくつもの職場を掛け持ちすることができます。

同じ臨床心理士の仕事といっても、職場によって任される業務や周りのスタッフの雰囲気や職場環境はだいぶ異なるため、できるだけさまざまな経験を積んでスキルアップしたいという人は、非常勤のよさを感じられるかもしれませんん。