臨床工学技士の魅力

最先端の医療機器に触れられる

臨床工学技士の魅力のひとつは、医療という専門的な領域において、さまざまな機械に触れることができるということです。

病院に勤める多種な職種のなかで、臨床工学技士ほど大小の医療機器の操作や補助などに携われる職種はないといっても過言ではありません。

医療機器は時代とともに進化し続けており、それを扱うためには以前にも増して高度な知識が求められるようになっています。

臨床工学技士への期待も高まっており、専門性を発揮して働くことができるのはこの仕事の大きな魅力だといえます。

「チーム医療」の一員として活躍

病院では、患者さんを救うために医師や看護師をはじめさまざまな職種の人が集まり、「チーム医療」で患者さんと向き合います。

患者さんのQOL(生活の質)を高めるために多様な提案がなされ、医師の指示の下にチーム一丸となって働くのです。

その場における臨床工学技士の役割は、医療機器の管理と提供です。

点滴を使うなら輸液ポンプ、薬剤を点滴で併用するならシリンジポンプというように、その他多くの医療機器を提供しながら臨床工学技士は患者さんの命と安全を守ります。

患者さんの命と医療機器の安全を守る。この重大な使命を持って仕事ができることも、臨床工学技士の魅力のひとつです。

努力次第で道が開ける

臨床工学技士という仕事は、まだ歴史がさほど深くないため、まだまだ開拓の余地があります。つまり、たくさんの重要ポストが空いており、自分の努力次第で自ら道を開拓していくことができます。

また、多岐に渡る業務がある臨床心理士の仕事では、各分野の専門性を重視するための認定資格も用意されています。こうした資格の勉強などを通じて、自分の得意分野を伸ばすことも可能です。

いずれは研究者や教育者になりたいと望む人にも門戸は開かれています。

臨床と機器の両方のスペシャリストになることができるのは臨床工学技士だけです。臨床経験を機器の発展に生かしていくことも、大きなやりがいとなることでしょう。