臨床工学技士の勤務時間、休日

勤務時間の平均は?

臨床工学技士の勤務時間は、施設と業務内容によってばらつきが見られます。平均では約8時間となり、業務内容により多少前後しますが8:00〜17:00勤務が一般的です。

8時間勤務の場合、そのうち1時間は昼休憩ですので、実質の労働時間は7時間となります。

救急対応を行う施設では残業を含め4時間ほど長くなります。透析を主に行っている施設や慢性期医療の施設では基本的に残業は少ないです。

休日は確保されている?

透析施設では、週休2日制ではあるものの土日勤務や夜間勤務などもあり、連休はなかなかありません。

国公立の病院などは、基本的に土曜日と日曜日が休みです。

その他に有給休暇として年間20日間の休暇を取得することができますが、消化できずに業務に就かれる方もいます。

救急対応を行っている病院では、休日でも呼び出しがあれば出勤しなければいけません。当番制で電話を持たされたり、自宅待機を命じられたりすることもあります。

また、「30分以内に職場に来ることができる場所にいるように」といった形で行動範囲を限定されることもあります。

生活サイクルは?

大部分の臨床工学技士は朝出勤し、夕方帰宅するという生活サイクルになりますが、急性期医療の施設や夜間透析の施設などでは若干勤務体制が異なりますので当てはまらないこともあります。

深夜の呼び出しが日常茶飯事である施設もあり、深く熟睡できないといった意見もありますので体調管理が重要です。

一年を通じて忙しい時期はある?

季節の変わり目に忙しくなる傾向があります。

元々免疫力が低く体力のない患者さんには温度差による負担が大きいようで、1日に生命維持管理装置を使用する頻度が増えてくることがあります。そういった時は忙しくなります。

医療の世界は、患者さんの容態によって左右されますので、忙しさも患者さん次第であるというのが現状です。