臨床工学技士になるための学校(大学・専門学校)

臨床工学技士になるには、まず高校卒業後に特定の学校を卒業し、臨床工学技士国家試験の受験資格を得る必要があります。

受験資格を得たうえで、国家試験に合格すると、臨床工学技士として認められることになります。

臨床工学技士になるための学校は大きく3つに分けることができます。ここでは、その種類と特徴について紹介します。

専門学校の3年課程

ひとつめは「養成校」と呼ばれる3年課程の専門学校へ入学する方法です。

この道を選ぶ人は、年齢的には比較的若く、高校卒業直後であることが多いです。

一度、社会人を経験してから入学する人もいますが、どの学校でも、だいたいクラスの3分の2以上が高校卒業直後の人で構成されているようです。

大学

ふたつめは、臨床工学技士養成課程を置く4年生の大学に入学する道です。

大学としては国立大学や私立大学がありますが、現在は私立大学のほうが多いようです。大卒者の場合、絶対ではありませんが、大病院などへの就職が有利に運びやすいといわれています。

また、学位は「学士」扱いになるため、就職後の基本給が専門学校の卒業者よりも若干高く設定されているケースもあります。

そして、修士課程などへの進学に有利となります。

臨床現場では英語論文を読むことも多いため、大学で1年長く勉強し、より専門性を深めたり、英語力を身につけたい人にも勧められる道です。

専門学校の1年課程

みっつめはやや特殊ですが、1年で臨床工学技士の受験資格を取得する臨床工学技士専攻課程(専門科)に進む道です。

臨床工学技士専攻課程への入学にはいくつか条件があります。

それは、「理学療法士」「作業療法士」「看護師」「臨床検査技師」といった医療系の国家資格を取得していること、または医学系の専門校を卒業していることです。

大学の医学・医療系以外の学部を卒業した人も入学できますが、放送大学などで不足の単位を取得してから入学する必要があります。条件を満たしたうえで、早く臨床工学技士の国家資格が得たい人には勧められる方法です。

臨床工学技士専攻課程に通う学生の年齢層は30代以上の人が多く、実際に臨床現場で働いていた人もいるようです。

また、3年間分の勉強を1年間で行うため講義のスピードはとても速く、勉強で忙しい生活を送ることになるでしょう。