臨床検査技師の仕事内容

臨床検査とは何か

臨床検査技師とは、患者さんの身体の状態を知るため、医師の指示の下にさまざまな検査を行う仕事です。

「臨床検査」とは、医師が診療する際に、患者さんの病気やケガの状態を評価するための検査のことをいいます。

問診とあわせて、臨床検査は医師が患者さんの身体の状態を客観的に診るために不可欠なものとなっています。

また、臨床検査をすれば、患者さんが症状を自覚する前に異常をとらえることもあり、病気の早期発見、早期治療につながります。

医師は検査によって得た情報をもとに患者さんを診断するため、臨床検査は診療において非常に重要なものとなります。

こうしたなか、臨床検査技師は単純に検査データを集めるだけでなく、そこから病気の兆候や体の異変を発見する役割も担います。

検査結果から病気を早期に発見し、医師に正しく伝えることによって、診断や治療をサポートします。

医療スタッフの一員として、とても重い責任を担う仕事です。

専門性が高まっている

臨床検査は、医師自身が行うこともあれば、機械に任せることもあります。

しかし、医療の専門化が進んでいる現代では、高度な検査については検査のスペシャリストである臨床検査技師が担当することが一般的です。

とくに近年は新しい機器や検査法が続々と生まれ、臨床検査技師の専門性が高まってきています。

臨床検査技師が取得できる専門の認定資格として、がん細胞の早期発見を専門にする「細胞検査士」や腹部エコーなどの超音波検査を専門に行う「超音波検査士」などがあります。

医療の高度化が進むにつれ、臨床検査技師の仕事も専門化が進んでいる状況です。

臨床検査技師は、病院や検査センターでの勤務が一般的ですが、保健所や製薬メーカーなどで研究・開発に携わる人などもいます。

医療系資格取得者のなかでは幅広い領域で働くことができる職業です。

検査の大まかな流れ(病院の場合)

1.医師が患者さんを診察し、診断に必要な検査を臨床検査技師や放射線技師に依頼します。
2.臨床検査技師が検体を採取します。採血は看護師が行うこともあります。生理検査の場合は患者さんが検査室に来ます。
3.検査依頼と検体を照合します。
4.検査をします。
5.検査で出た結果に間違えがないか確認します。
6.結果を医師へ報告します(データを送ります)。

臨床検査技師が行う検査の種類

臨床検査は大きく「検体検査」と「生理機能検査」の2つに分かれます

検体検査

検体検査とは、患者さんから採取したもの(=検体)を調べる検査です。検体には血液や尿をはじめ、髄液、便、喀痰などがあります。また、手術等で採取された組織や細胞に異常細胞がないか調べる病理検査もあります。

主な検体検査は以下の通りです。

一般検査

尿検査が主です。尿中のタンパクや糖、血液などの値に異常がないか調べます。尿中の細胞を顕微鏡で観察することもあります。他に寄生虫検査や便検査、髄液検査などがあります。

生化学検査

血液中の糖、タンパク、酵素などを測定することによって臓器の働きが正常かどうかを調べます。

血液検査

血液中の赤血球、白血球、血小板などの値を測定したり、骨髄中の異常細胞を調べたりします。貧血や白血病などがないかどうかを調べます。

微生物検査

尿、便、喀痰、血液などを用いて、その中の微生物の種類や薬剤の効果を調べます。

免疫検査

血液を用いて肝炎や梅毒などの感染症、腫瘍マーカー、アレルギーなどを調べます。

輸血検査

血液型を判定したり、輸血する血液が患者様に適合するかどうかを調べたりします。

病理検査

採取された組織や細胞を用いて標本を作製し、顕微鏡で観察して癌などの異常細胞がないかどうかを調べます。病理解剖の介助をすることもあります。

生理機能検査

患者さんに対して直接行う検査です。心電図や脳波など患者本人の体の生理的反応や機能を測定します。主な生理機能検査は以下の通りです。

心電図検査

電極を付け、不整脈や心筋梗塞など心臓に異常がないかを調べます。階段昇降などにより負荷をかける負荷心電図もあります。

呼吸機能検査

息を吸ったり吐いたりしてもらい、肺に異常がないかを調べます。

脳波検査

頭部に電極を付け、脳波を記録します。脳神経の病気などを調べます。

超音波(エコー)検査

超音波を当てて、臓器の状態を観察します。腫瘍、結石などの異常や胎児の動きなどを調べます。

筋電図検査

電気刺激や針を用いて神経や筋肉の機能を調べます。針を用いた筋電図検査は検査技師にはできないため医師が行います。

その他

採血業務や治験業務等も行います。