夜間や通信で臨床検査技師の資格は取得できる?

仕事との両立は大変

社会人として働きながら、臨床検査技師の資格を取得したいという人も多いかもしれません。ですが、臨床検査技師は国家資格であり、かなりの勉強が必要となります。

学校での授業も専門性が高く、また範囲も広いため、昼間働きながら夜のみ勉強するというスタイルは、かなり厳しいということを認識しておく必要があります。授業だけでなく、実習もあり、昼間制の学生でも厳しいカリキュラムであることを覚えておきましょう。

昼間働いていても通える夜間学校

臨床検査技師を養成する学校のうち、夜間課程を持つ教育機関も少ないながら存在します。

夜間課程で知られる学校として、東京都の東京医学技術専門学校が設置する臨床検査技師科Ⅱ部(夜間部)と京都府の京都保健衛生専門学校が持つ第二臨床検査学科(夜間定時制)があります。

どちらも4年制で昼間に働きながら社会経験を積みつつ夜間は臨床検査技師を目指す勉強をする学生生活を送ることになります。

京都保健衛生専門学校を例とすると、授業時間は夕方5時半から8時40分までとなっており、ほとんどの学生が昼間にアルバイトをしているようです。

アルバイトは京都市内の病院や検査センターで血液検査や尿検査をしたりさまざまな検査の助手としてアシスタントに入ったりしています。アルバイト収入としては5万円から12万円前後といったところが標準のようです。

また、アルバイトをしても学費や生活費が不安な学生は日本学生支援機構による奨学金の貸与を受けられる場合があります。

夜間課程や通信課程の今後

夜間課程も合わせて、近年の傾向として臨床検査技師を目指す高校生はほとんどが4年制大学を志望しており、夜間や通信を目指す学生の入学希望者も減少傾向にあります。