臨床検査技師の進路

臨床検査技師養成校(短大、専門学校、大学)を卒業すると、大部分の人は病院や検査センター、製薬メーカーなどに就職します。

しかし、それ以外の道もあります。

大学3年次へ編入

臨床検査技師の専門学校を卒業すると、大学の同系(臨床検査選考など)への編入学(大学3年次)が可能です。大学を卒業後、さらに大学院へ進学することもできます。

大学への編入学を希望する場合、国家試験の勉強と並行して編入学試験への対策(おもに英語の勉強)をしておく必要があります。

専門学校によっては、編入学のための受験指導を行っているところもあります。

どの程度の学生が編入学を希望しているか、また編入学の実績があるかは専門学校によって異なるため、希望する人は事前に問い合わせておくとよいでしょう。

臨床工学技士養成校の1年課程に入学

臨床工学技士免許を取得するためには、通常3年間以上学校に通わなければなりませんが、一定の条件を満たしていれば1年間で免許を取得することができます。

「一定の条件」にあたるのは以下の通りです。

4年制大学、短期大学もしくは看護師、診療放射線技師、臨床検査技師、理学療法士、作業療法士、視能訓練士、義肢装具士などの養成校で2年以上修業した人。

ただし、臨床工学技士養成校の中で1年課程を設けている学校は限られているため、入学競争率は高いようです。

細胞検査士養成所に入学

より専門性を深めるために「細胞検査士」の資格取得を目指す人もいます。

細胞検査士は働きながらでも目指すことができますが、所定の養成所で7ヶ月間学び認定試験に合格することによっても得られます。

なお、細胞検査士養成所は臨床検査技師国家試験に合格していないと入学できません。

働きながら「学士」の称号を取得

臨床検査技師の専門学校を卒業後、放送大学等の通信制の大学で必要単位を修得する人もいます。

学位授与機構に申請・審査を受ければ、働きながらでも大卒者と同様に、保健衛生学の「学士」の称号を取得することが可能です。