臨床検査技師の魅力

医療現場における縁の下の力持ち

臨床検査技師の仕事というとどういうイメージを思い浮かべるでしょうか?

化学者のように顕微鏡を覗きこんだり試験管で薬液を混ぜたりといった感じかもしれません。

しかし、臨床検査技師の仕事は幅広く、血液検査や生化学検査といった一般的なイメージの業務をはじめとして輸血の検査や採血の業務を行ったり、さらに心電図や呼吸機能について検査する生理機能検査と呼ばれるものも担当します。

通常、臨床検査技師はそれらすべてではなく、一つの業務を担当して仕事をすることが多いようです。

たとえば、臨床検査技師の中には、病院で患者さんから採血された血液の成分をひたすら分析する人もいます。

臨床検査技師は患者さんからはなかなか見えにくい職業ではありますが、裏方で大いに力を発揮している大切な業務です。

というのも、医師が正しい診断を行ったり、治療方針を決定する上で臨床検査技師が行った検査結果は不可欠だからです。

かつては医師の診察に頼りがちだった医療の現場も、医学の発展とともにますます精密なデータから患者を診断することが大切になっています。

臨床検査技師は日々進展し続ける医療を影から支えているという自信とやりがいを胸に働いています。

上級資格を取得して仕事の幅を広げる

臨床検査技師はそのものの資格で行える業務も医療において大切な役割ですが、キャリアアップのため、またより深みのある仕事をするために関連する医療資格を取得して活躍の場を広げられるという可能性を持っています。

たとえば、細胞検査士や診療放射線技師といった資格は臨床検査技師をベースにして生かせる隣接分野となっています。

臨床検査技師として働くことは大変なこともありますが、少ない時間を見つけてこういった資格取得の勉強にチャレンジすることもできます。