臨床検査技師養成学校の選び方(大学、専門学校の違い)

臨床検査技師養成学校には大学、短期大学、専門学校がありますが、ここでは主に大学と専門学校について比較します。

大学の場合

大学のメリットは、時間的に余裕のある学生生活を送ることができることです。

時間が4年間あるので専門学校に比べると余裕があります。また、卒業論文(研究)を経験できるのもメリットです。

就職後、学会発表をしたり論文を書いたりする機会があるため、卒業論文を経験しておくと役に立ちます。

そして、勤務先や地域にもよりますが一般に大卒の方が給料が高いです。ただし、給料は就職先によって異なるものですので一概にはいえません。

デメリットは、入試の難易度が高いことと社会に出るまでに4年間かかるということです。

専門学校の場合

専門学校のメリットは、3年間で社会に出られるということです。

大学よりも1年早く社会に出られる分、臨床経験を積むことができます。そして比較的入学しやすいです。ただし、近年は不況のためか入学希望者が増えている学校もあり、専門学校でも競争率が高い傾向にあります。

デメリットは、大学では4年間かけて勉強することを3年間でするので、忙しいということです。

また、国家試験の合格率を上げるため、国家試験に合格できる学力のない人は、卒業させない(国家試験を受けさせない)という学校もあるため卒業試験が難しい傾向にあります。

学校選びのポイント

学費

学費が安いのは国公立大学と専門学校です。一人暮らしか自宅通学かによって負担は変わりますし、専門学校の場合、時間的余裕がなくアルバイトとの両立が厳しいため、そういったことも考慮する必要があります。

また、学校によっては良い成績を収めた場合、学費を免除する制度があります。

就職実績

病院が多いのか企業が多いのか、どこの病院・企業か、就職率は高いのかという点をチェックします。

体験学習

入学後、どのようなことを学ぶのか体験することができます。また、学校の雰囲気も知ることができますので行ってみるとよいでしょう。

取得できる資格

学校によっては臨床検査技師以外の資格も取得できます。そのための授業がカリキュラムに組み込まれていることもあります。

入学したものの勉強について行けなかったり、興味が持てなかったりして退学する人もいるようです。後悔しないように学校は慎重に選びましょう。