陸上選手のやりがい

自己記録の更新

陸上選手のやりがいは、まず、自分の記録を更新できることです。

陸上競技は、基本的に個人競技です。そして、競技の記録がはっきりと出る種目です。

大会で優勝しても、「優勝したのはうれしいけれど、記録には満足していません」という選手もいるように、陸上競技は自分との戦いという側面が強いです。

選手たちは、日々の練習で、0.1秒でも、1cmでも記録を伸ばそうと努力しています。

目標としてきた大会で、自己ベストが出せれば、これまでの苦労が報われたと達成感や満足感に浸ることができます。

参加標準記録の突破

大きな陸上大会には、たいてい「参加標準記録」が設定されています。その記録を上回れば、大会に出場する資格を得られます。

目標とする大会の標準記録の突破をめざすことも、陸上選手にとって大きなやりがいになっています。

オリンピックや世界陸上の標準記録を突破すれば、日本代表として出場できます。オリンピックや世界陸上に出場できれば、マスコミばかりか、地元自治体や出身校でも大騒ぎになり、熱烈な応援をしてもらえます。

オリンピックや世界陸上といった大舞台をめざせることも、陸上選手にとっての大きなやりがいです。

団体競技で勝つこと

陸上競技は、基本的に個人競技ですが、リレーや駅伝のような団体競技もあります。また、ふだんの練習は、他の陸上部員と一緒に行い、技術的なアドバイスを送ったり、励まし合ったりしています。

陸上競技の選手同士には、それぞれの種目を越えた連帯感があります。それゆえ、仲間とともに、迫りくる大会での活躍を思いながら日々のトレーニングに励むことができます。