陸上選手の怪我・故障

「外傷」より「障害」が多い

スポーツで起きる怪我には、突発的なアクシデントによる「外傷」と、同じ運動を繰り返し行うことで起きる「障害」があります。

陸上選手に多いのは、同じ運動を繰り返すことで起きる「障害」です。

もちろん、突発的なアクシデントによる捻挫や打撲、骨折、脱臼といった「外傷」もありますが、それより体への負担が重なって起きる腰痛や膝痛、肉離れ、疲労骨折、アキレス腱の痛みなど「障害」の方が多いです。

シーズン当初に起きやすいシンスプリント

とくに、シーズン初めに起きやすい症状として「けい骨の疲労性骨膜炎(シンスプリント)」があります。すねの下の方が、骨と筋肉が付着するラインに沿ってうずくように痛みます。

最初のうちは、運動の開始時に痛み、体が温まってくると痛みを感じなくなります。しかし、それを放置しておくと、けい骨の疲労性骨折に発展しやすいくなります。

シンスプリントを防ぐためにも、シーズン当初からの飛ばし過ぎは禁物です。さらに、痛みを感じたら、早めに専門医の診断を受け、アドバイスに従ってしっかりケアする必要があります。

痛めやすい部位は種目によって違う

同じ陸上選手でも、障害を起こしやすい部位は種目によって多少違っています。

短距離やハードルの選手にとくに多いのが、太ももの裏側の肉離れです。疲労の蓄積で、もも裏の筋肉が硬くなった状態で強い負荷をかけた時に起きやすいようです。

また、短距離の場合、膝や足首、足裏の腱を痛める選手が多いです。

中長距離の選手に多い「ランナーひざ」

中長距離の選手に多いのは、膝やすね、アキレス腱、それに足を痛めることです。膝やすねの腱や筋肉が痛んだり、足の骨を疲労骨折したり、さらにはアキレス腱や足裏の筋膜を痛める人も多くなっています。

とくに、中量距離の選手に目立つのが「ランナーひざ」と呼ばれる「膝蓋骨軟化症」です。ひざに負担がかかりすぎて、ひざのお皿の裏側にある軟骨が痛み、走るとひざの前側が痛くなります。

投てき選手や跳躍選手に多い症状

投てき種目の選手は、腰や手首、肩、ひじを痛めやすく、跳躍種目の選手は、腰やひざ、アキレス腱を痛めやすくなっています。

跳躍選手に多いのが、「ジャンパー膝」と呼ばれる症状です。ジャンプすると、ひざのお皿の上端や下端が痛くなります。

これは、ジャンプを繰り返すことで、ゆざ関節でクッション役を果たす腱に負担がかかり、炎症を起こしたり、小さな断裂を起こした状態です。

痛みは、体の発するサイン

どの種目の選手でも、痛みが、体の発するサインである点では同じです。どこかに痛みを感じることは、その部位に負担がかかっているということです。

また、同じ練習メニューをこなしていても、選手によって負担のかかり方は違いますし、各部位の強さも違います。

大切なことは、痛みを感じたら、練習メニューを軽くしたり、専門医の診察を受けて様子をみることです。

痛みがあるのに無理を重ねれば、大きな故障に発展しかねません。体の発するサインに敏感になり、慎重に対処することが重要です。