陸上選手の1日

ここでは、企業の契約社員として競技生活を送る長距離選手の1日を紹介します。陸上部の一員として行動しますが、契約社員は、会社の仕事を免除されています。

通常練習日の1日

7:00起床

そのままジャージに着替えて外へ出てウォーミングアップ。10キロ走る。

8:00

寮の部屋に帰り、シャワーを浴びて朝食をとる。

9:00

寮を出て、行きつけの整体院へ行く。チーム付きでもあるトレーナーにマッサージと身体調整をしてもらう。

11:00

寮に戻る。スポーツ用品メーカーの担当と、新しく開発するシューズについて意見交換する。

新しいシューズを開発する時、スポーツ用品メーカーはトップ選手の意見を聞いて改良する。

12:00

寮で昼食をとる。

13:00

陸上部の専用グラウンドに集合して全体練習。

1000mの歩き、4000mのジョギング、5000mのタイムを設定したスピードトレーニング、200mの流し。腹筋、背筋トレーニング。

15:00

チームバスで近くの丘に移動してクロスカントリー10キロ。

17:00

専用グラウンドに戻って入念にストレッチングを行う。

18:00

寮に戻ってシャワーを浴びてから夕食をとる。

19:00

チームメイトと談笑。

20:00

メンタルトレーニングの本を読む。

22:00

就寝。

大会当日の1日

6:00

宿泊先のホテルで起床。そのままジャージに着替えて外に出て約3キロのジョグをする。

終わると、ホテルに戻ってシャワーを浴びる。

7:00

チームメイトと一緒に朝食をとる。

8:00

ホテルを出て会場に向かう。

9:00

開会式に出席する。

10:00

サブトラックでウォーミングアップを開始する。

11:00

メイントラックに移動。

11:20

予選レースに出場。

12:00

お弁当を食べる。その後は、チームメイトと談笑したり、チームメイトの応援をしたり、リラックスして過ごす。

14:00

サブトラックでウォーミングアップを開始する。

14:45

メイントラックに移動。

15:00

決勝レースに出場。

15:30

表彰式。その後、マスコミの取材を受ける。

17:00

チームバスで会場を出る。

19:00

寮に到着。夕食をとる。

20:00

その日のレースのビデオを見て気づいたことを記録しておく。翌日からの練習内容について考える。

22:00

就寝。