理学療法士のやりがい (体験談)

歩いて退院していく姿

脳卒中で片麻痺が重く、はじめは意識障害もあってリハビリもなかなか進まなかった患者さんが、歩いて退院されていく姿を見送ることができた瞬間、「理学療法士をやっていてよかったな」と思いました。

とても嬉しい瞬間です。人にとって「歩く」ということはとても大切なことですが、とても難しいことを理学療法士は知っています。

だからこそ「歩いて退院」という目標を患者さんと達成できたというのは、自信にもなりますし、これからの仕事のモチベーションにもつながるのです。

治療計画がうまく反映されたとき

ひとつの症状に対して、さまざまな原因が考えられるのが障害というもの。

そのひとつひとつの原因を突き止め、多方向からのアプローチが必要とされるのが理学療法士です。

しかもそれを自分の経験と知識から導きだすことが求められます。

もちろん上司に相談したり、医師に相談したりすることもありますが、それを行うのは理学療法士としての自分なのです。

その患者さんに対する治療の計画を考えて、理学療法を行うわけですが、その治療成果が思ったように出たときは、患者さんと手を取って喜ぶことも多くあります。

そんなときは患者さんの「ありがとう」の言葉が何よりも力になります。理学療法士をやっていてよかったと思う瞬間でもあります。

患者さんの生活の質を上げることに全力を尽くす

人を相手にしているので、前回うまくいった治療が今回もうまくいくとは限りません。命を預かっているわけですから、悲しい経験もしますし、人として考えさせられることも多くあります。

治療成果がうまく反映されなかったり、思った姿で退院できなかった患者さんを目の前にすることは理学療法士として、とてもつらい気持ちになります。

でも、落ち込んだ気持ちのままでいることなく、その現実をしっかり分析して次の患者さんに生かすことがとても重要なのです。

ひとりでも多くの患者さんの生活の質をあげることが、理学療法士としてのやりがいだと思います。

仕事体験談