スポーツ選手を支える理学療法士

スポーツをしている人に対してのアプローチ

理学療法士のなかには、アスリートやプロスポーツ選手など、「運動」を仕事としている人を対象に活躍する人もいます。

そのような理学療法士の場合、リハビリ職というよりもスポーツトレーナーとしての意味合いが強く、患者さんの筋肉の疲労をとったり、より機能的に筋肉が働けるように調整していったりすることをメインに行います。

スポーツをしている人を陰で支える仕事になりますが、身体のコンディション調整が命である選手にとっては欠かせない存在であり、大きな支えになります。

こうした領域で働く場合、必ずしも理学療法士の資格を持っていないといけないということではありません。

しかし、理学療法士の資格を得るまでに習うことは、スポーツトレーナーとしても非常に生きてくることであり、学んで損はありません。

理学療法士と近しい職業として「作業療法士」がありますが、スポーツ分野では作業療法士はほとんど活躍しておらず、理学療法士ならではの特徴や強みを生かすことができます。

医学的な知識が役立つ

理学療法士になるための勉強をしていくなかでは、基礎的な医学知識を身につけます。

これは、通常のリハビリの場面でも役立つ知識ですが、スポーツをしている人に関わる際には、より重要になっていきます。

たとえば、筋肉の配置や、それがどのような機能を持っているかを知ることで、より効果的なマッサージなどをすることができるでしょう。

また、ケガ予防のための対策を考える際にも、医学の知識は役に立ちます。

理学療法士としても、スポーツ選手の活躍にはおおいに貢献することができます。

病院に訪れるスポーツ選手もいる

スポーツをしている人に関わる理学療法士は、スポーツ関連施設で働いたり、個人の選手にスポーツトレーナーとして働いたりする人が多いようですが、それ以外に、ケガなどによって整形外科などに理学療法を受けにくるスポーツ選手もいます。

こうしたことから、たとえ勤務先が病院であったとしても、スポーツをする人に関わる場面は十分にあるといえるでしょう。

その場合も、スポーツトレーナーと同じように専門的な知識を生かしながら、身体的なアプローチをしていくことが求められます。

仕事体験談