理学療法士の就職・採用・募集状況

就職はだんだんと困難に

理学療法士は、リハビリテーションの専門職として医療などの現場で重要な役割を背負っています。

「国家資格」という社会的認知度の高さや安定感などもあり、現在にいたるまで、理学療法士の数はどんどん増え続けているようです。

これまで、専門性の高い理学療法士は就職しやすい職業として考えられていた面もありますが、現在のペースで理学療法士が増えていくと、次第に求人数よりも有資格者のほうがだいぶ多くなってしまい、就職がかなり難しくなるのではないかと危惧されています。

現在、さまざまな病院や施設などで理学療法士の求人が出されていますが、今後は現在のように、たくさんの選択肢の中から選ぶということが難しくなる可能性があります。

しかしながら、すぐにこのような厳しい状況になるということではありません。時間をかけて、徐々に就職が難しくなる状況へ移行していくだろうと考えられています。

理学療法士のニーズはどうなる?

このように、将来的には就職が難しくなっていくことが予想される理学療法士ですが、だからといって、そのニーズがなくなることはないでしょう。

理学療法は専門性を要するため、素人が簡単にできることではありません。高齢化社会が進むなか、リハビリのニーズも確かに増えています。

理学療法士は業務独占資格ではないため、看護師などが理学療法を行っても、法律上は問題ありません。

しかし、やはり理学療法を専門的に扱っている理学療法士に知識はかなわないため、今後も理学療法士は一定のニーズがあるものと思われます。

理学療法士が新たな道を切り開くことが必要

先にも述べた通り、毎年、理学療法士の人数は増え続けているため、理学療法士の資格をとったから一生安心という考え方では厳しくなるかもしれません。

経験豊富な理学療法士の後をついていくだけでなく、これから理学療法士になっていく人が新しいアイデアをたくさん出して、チャレンジしていく気持ちで仕事に取り組めば、理学療法士としての新しい可能性を見つけていくことができるでしょう。

そうすれば、理学療法士として活躍できるフィールドも広がるはずです。

これからの理学療法士として本当に必要なのは、これまでとは違うところで能力を発揮することができる力なのかもしれません。

仕事体験談